カルマの塔

作者 富士田けやき

生きることとはこんなにも美しいことなのだ。

  • ★★★ Excellent!!!

生き汚いというが、やはり生きることは本当に汚く、泥水でも啜らなければ、一日の食事にすらありつけない。現代社会ですら生きるということには大変さ、切迫がつきまとっていうのだから、この小説の舞台では推してはかるべし、と言ったところだ。
だけども、それでも、生きるということ、生命を輝かせること、生きたいように生きようと足掻くこと、運命の螺旋を捻じ曲げようと、或いは抜け出そうとして更に絡まってしまっても、それすら、全てが美しいのだ。

そういう小説です。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

Joymanさんの他のおすすめレビュー 11