悪役令嬢はぼっちになりたい。

作者 いのり。

声を押し殺して泣いた

  • ★★★ Excellent!!!

『私の推しは悪役令嬢。』を読んでから来ました。
正直に言えば百合を期待して読んでいたのですが、そんな初心を忘れてしまうくらいに没頭してしまいました。
数ヶ月後の未来、いわゆる主人公が来たあとの話を妄想してみるのも面白いかもしれませんね。
とても素晴らしい作品でした。次回作にも大いに期待しています。無理をなさらぬ程度に頑張ってください。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

@keseran-pasaranさんの他のおすすめレビュー 35