わたしの知らない、先輩の100コのこと

作者 兎谷あおい

903

312人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

電車の中でお互いに質問しあう、先輩と後輩。
やり取りが甘酸っぱくて、こんな後輩欲しかったな、と思うこと何回もありました。
質問の仕方もいろいろとあって、探っているものもあれば突発でしてしまったものもあり……
何より面白いのは、後輩側の思考もあるので、先輩が一方的に攻められる展開じゃないって所ですね。昨今のからかい系の中でも新しい作品です!!

青春っていいなあと思える作品です。
是非とも読んでみてください!!

オススメです

★★★ Excellent!!!

この作品の良さを説明するのに長々としたものは必要ないでしょう。ただただ、最高であったと──!
可愛いの上に可愛いを乗せておまけに可愛いをトッピングした可愛い後輩と愚か(段々と愚かでなくなる)先輩の組み合わせはこの世の宝です。後輩埋蔵金です。
じわりじわりとつまり積もっていった砂糖が爆発する主観は人生の何事にも変え難い喜びです。
皆々様もこの作品と後輩と先輩に溺れて頂きたい。

★★★ Excellent!!!

ほんの小さなきっかけから、互いのことを知るために約束を交わす二人。
とてもゆっくりとした歩調で綴られる二人の関係は、ともすれば「どこかで誰かがこんな話してるかも」と思えてくる自然かつ軽妙な文体のおかげで、テンポを損なうことなく読み進められる。

同じエピソードについて二人の視点でそれぞれ描き、慶太くんの「男子的なこじらせ具合」と真春ちゃんの「勇往邁進積極乙女!」を一緒に楽しめる構図となっており、一粒で二度美味しいのも魅力。
じれったいという気持ちすら楽しめる、絶妙なバランスでちゃんと二人の関係が進展していく様は敬服しきりであります。

少しずつ、二人のペースで育む恋の行方を、どうかご覧いただきたい。

★★★ Excellent!!!


堂 々 完 結 !

読もうかどうか迷ってるあなた!
とりあえず一話だけでも読んでみてください。

あなたもきっと、この後輩ちゃんの可愛さにまいってしまうことでしょう(笑)

青春っていいなぁ…と改めて思わせてもらえる、そんな作品です。


こんな2人をもっと見ていたいとも思いますが、もうそろそろ2人だけの時間も必要ですよね。

作者様、長い間お疲れ様でした!

P.S.
おまけも楽しみにしてます!

★★★ Excellent!!!

最寄り駅が同じというだけの2人が「今日の一問」ルールによって少しずつ互いのことを知っていくお話です。
登場人物はほとんど先輩と後輩の2人のみ、関係の進展もゆっくりしたもの。
ともすれば飽きてしまいそうですが、そうはさせないのが後輩ちゃんと先輩の軽妙な会話です。
後輩ちゃんのからかいが成功したり、先輩からの反撃が刺さったり、自滅したりとバリエーション豊かで、なおかつ2人とも相手の嫌がることはやらないので安心して読めます。

ちなみに、こんなお話を書くのはどんな人だろうとTwitterアカウントを探してみたところ、何とVTuberの模様。
VTuber初(多分)の作家誕生が期待されます。

★★★ Excellent!!!

無線イヤホンのイヤーピースを拾ってくれた同じ学校の、だけど知らない謎の後輩女子。彼女はイヤホンの主である井口慶太のことをあれこれ知りたがる。お互い様だということで、ふたりは1日1問、好きなことを質問しあい、それについて絶対答える約束を交わす。

まず目を惹かれたのは、“後輩ちゃん”こと米山真春さんの「あの……」からの「これ、落としましたよ。せんぱい」です! 
知らないことを知り合っていく展開なのに、最初から慶太くんのこと「せんぱい」って知ってるんですよ。出会い頭にいきなりやられました!

そしてひとつのエピソードを慶太くんと真春さんの両視点から綴る構成なんですけど、慶太くんの男子的ひねくれっぷりと真春さんの乙女的な突進ぶりが、じれったくも絶妙な距離感を見せてくれて――
なんでしょう、ある意味決闘って風情? どっちがどっちにとどめを刺すのか気になって、ついつい読み進めさせられちゃうんです。

急がないし焦らない、でもずーっと甘々な恋の戦記。思いっきりおすすめです!

(味があるから人気作! 濃さと厚さの4選/文=髙橋 剛)

★★ Very Good!!

1人は本が好きな口下手な男子
もう1人はスクールカースト上位の女子
このふたりが電車の中で繰り広げる会話の内容は実際の電車の中でも起きそうな内容ばっかり。そのおかげで基本的にはスラスラと最後まで読める。
後輩ちゃんのどうでも良さそうに見える質問内容が後の布石なのかそうじゃないのか気になる所でもある。
そして、物語に出てくる主な登場人物がこのふたりしか居ないから最後の方になるにつれて多少のマンネリ感が出てくるので友人とかを出してほしいです。