魔法少女ですが、男子です! ~最強カワイイ男の娘魔法少女は妖怪退治をがんばります!?~

作者 六篠壱岐

すべてのエピソードへの応援コメント

  • 第75話 憎しみの胎動へのコメント

    ああ、素直には終わらないのか? 怖いよミイナさん。

    作者からの返信

    ありがとうございます~!
    あのミイナ先輩が簡単にやられるはずが……という訳で何やら起こりそうな気配。どうかご期待ください~(*´▽`*)

    2020年6月8日 20:58

  • 第74話 孤独な勝利者へのコメント

    ミイナとの決着はついた。炎対炎、「最後の一瞬【竜種】の姫の心に触れたのは灯夜の優しさだった」最高です。僕のお気に入りが戦っているのが心配だったけど、よかった。逆だったらミイナは容赦しなかったろうと思う。

    さあ、灯夜頑張れ。全ては君の肩にかかってくるんだ。

    作者からの返信

    ありがとうございますっ! そして返信遅くて申し訳ありません(;^_^A

    派手な活躍の場面は少なくても、その行動が周囲の人の考え方に影響を与えていく……みたいな主人公が描きたかったのです。
    とは言え灯夜君にはこの後たっぷり活躍してもらうつもりですが(*´ω`*)

    2020年6月8日 20:54

  • 第73話 業火の応酬へのコメント

    ああああ、とうとう決着がついてしまった。まさか、本当にミイナは破れてしまったの? 無事なの? まさか…… 

    早く次を、次を。待ってます。

    作者からの返信

    ありがとうございます~! まさか終わり……? これで終わり……!?

    気になる引きで待たせてしまって申し訳ないです(;^_^A

    2020年5月24日 17:56

  • 第72話 はじまりの炎へのコメント

     いやはや、圧倒的迫力。もう言うことのないチカラ対チカラの激突。その中にあってこの二人の戦いは哀しい。
     ミイナがそのチカラを手に入れるに至った成り行きは壮絶で哀しい。竜の姫君は、己の世界から切り離され帰還できるかも判らない。この世界に留まっても狩られる未来が視えるばかりだ。欲や歪んだ思想に振り回された揚げ句の被害者同士がたたかうのだ。だが、彼女達にはもはや経緯など些細なことなのだろう。チカラのあるもの同士が自分の存在理由を書けて戦う。この二人にはほかの道はない!

     戦いに決着がついた後、喧嘩しながらも親友になれそうな期待があるのになぁ。その未来はきっと来ないんだろう……

    作者からの返信

    ありがとうございます~! ミイナ先輩にはたっぷり過去を盛ってしまいました。彼女は学園の他の子たちとはまったく違った人生を経て今に至っているんですよね。そのギャップへの反発が一連の暴走の遠因なのでしょう。

    紅の竜姫とはどこか、似た者同士だったりします。ふたりの戦いがこの先どういう結末を迎えるのか……見届けて頂けると幸いです。

    2020年5月16日 17:42

  • 第70話 戦場は摩天楼!へのコメント

    栲猪の技、すざまじいですね。
    んー、なんというか赤いスーツ着たマスクの男と戦う翼を持つ者の姿が浮かびましたけど。この場合、翼を持つ側がヒーロー(ヒロイン)ですけどね。栲猪の色はきっと黒か灰色かな。

    いずれにしろ、樹希を翻弄する難敵に、決して油断できない我捨と阿邪尓那媛も加わって混戦は間違いない?

    作者からの返信

    どもです! 返信遅くなって申し訳ない……m(_ _)m

    蜘蛛で強いヤツといえば、やっぱり某地獄からの使者!
    ここでは普通の空中戦じゃなく、ビルの谷間の暗闇に~を生かした戦闘シーンがやってみたくて……イメージ的には某巨人の立体機動なんかも混ざってたりしますが(*´ω`*)

    2020年5月9日 21:18

  • 第66話 想いのバトンへのコメント

    おおう、燃える。想いが繋がった。
    おかしいな、文字がにじむ。

    最近どうも、涙腺がゆるくて。いよいよ反攻の開始ですね。むろん、一筋縄では解決しないでしょうが。
    頑張れ、灯夜、ヒーロー(ヒロイン⁈)の出番だぞ!

    作者からの返信

    ありがとうございます~! やっと主人公の出番が回ってきました!
    作者的にも盛り上がってきてます。世の中は緊急事態ときな臭くなってきましたが、頑張って書き続けますのでご期待くださいっ!

    2020年4月7日 19:27

  • 第64話 運命の六十階!へのコメント

    うんうん、そっち来たか。
    頑張れ静流ちゃん。しるふと力を合わせて灯夜を助けるんだ。

    次はだれかな?毎回楽しみです。

    作者からの返信

    ありがとうございますっ! 今回はこっち来ました。そろそろ灯夜君を活躍させてあげたいですしねっ(;^_^A
    主人公が動かないうちに事件が解決しちゃうのは、さすがにどうなのよ案件ですので……

    2020年3月26日 03:05

  • 第5話 魔法少女、誕生?へのコメント

    おお、やっと話が魔法少女に。
    でも彼、男だし……(笑)

    作者からの返信

    ありがとうございます~!
    ま、魔法少女は性別を越えた概念だから……(汗)

    2020年3月19日 03:02

  • 第63話 四方院樹希は奔走するへのコメント

    うんうん、樹希はそうでないとね。誇り高く、正面から圧倒的力で制圧する。
    さて、富向のように素直に話すか、一戦交えてからか。どっちにしろ、熱い戦いが始まるのだ。(のはず)

    作者からの返信

    ありがとうございます~! 樹希ちゃん、久しぶりの大暴れとなりますでしょうか。栲猪さんは冨向みたいに口がふんわりふわふわに軽くないので、色々聞き出すのは苦労しそうですが……?

    2020年3月19日 02:59

  • 第62話 歪み始めた計画へのコメント

    ついに登場ですね。
    長いことその名が出てなかったので、いよいよかなとは思ってました。メインヒロイン?の登場だ。

    さすがです、門を全てを消し去るとは。簡単には事態の収束ができるはずもない。樹希も参戦して戦線拡大! いったい池袋の町はどうなることやら目が離せないゾ。

    作者からの返信

    ありがとうございます~! 樹希ちゃんは裏で地道にお仕事に励んでいたのですね(;^_^A

    それにしても、我ながら同時多発的に事件起こしまくりですね……まあプロット上は全部キッチリ解決するはず! ご期待くださいなのですよ~! 

    2020年3月13日 03:28

  • 第61話 炎の軍勢へのコメント

    あら、コメント書こうとしてオペミス。応援ボタンに触ってしまいました。紛らわしくてごめんなさい。

    さて、ミイナと竜族のお姫さま。さすがのイフリートでも荷が重いですか。しかし、ミイナもただ者じゃない、圧倒的な力の差を埋める知恵があるに違いない。でも、竜族のお姫さまの圧倒的力そう簡単にひっくり返せるはずがない。

    両方ともお気に入りなので将来的に仲間になれるといいな。…… |ω・)チラ

    閑話休題、静流ちゃんは間に合うか。冨向の悪巧みを阻止するのだ灯夜。展開に目が離せないゾ。

    作者からの返信

    いつもありがとうございます~!
    強者同士の激突、プロット段階ではさらっと書いただけだったのですが、本番になるとやっぱり熱が入ってしまいますね。どんどんお話が長くなる……

    将来的な話はまだできませんが、まだ二転三転する予定なので見守っていて下さいね~|д゚)

    次回は……久しぶりにあの子が動く!?

    2020年3月7日 20:03

  • 第4話 雷、轟くときへのコメント

    確かに、壁に耳あり障子に目あり。
    夜の鉄橋の下の河原でも、誰が見てるかわかりませんから……
    魔法少女の生配信、正直、見てみたいですが(๑˃̵ᴗ˂̵)

    作者からの返信

    ありがとうございます~!
    最近はちょっと珍しい事があるとすぐ撮影されてネットで拡散されてしまいますからねぇ……
    こっそり魔法少女するのもひと苦労なのです(;^_^A

    2020年2月26日 03:51

  • 第59話 駆け抜ける少女たちへのコメント

    いやー、自分愛音ちゃんはわりと関心ない感じだったんですが、魅せますね。カッコいいじゃないですか。これはこれからは応援します📣

    見せ場作るのうまいです。自分も見習わなくちゃです。

    さて、静流は灯夜の元に辿り着けるのか。愛音は泥人形をどう倒すのか。ミイナは、竜のお姫様は?目が離せない!

    作者からの返信

    ありがとうございますっ! 愛音ちゃんの魅力は一見何も考えてないように見えて、実はやっぱり深くは考えてない所ですかね。
    灯夜君や樹希ちゃんが割と熟考するタイプなので、勘とかその場のノリを重視する子として書いているつもりです。

    見せ場作りうまいですか? いやー照れますね(;^_^A
    心掛けているのは、一話一話に何かしら盛り上がりを作って、次回が気になる引きをするようにしている事です。

    さーて次回は誰のお話になるかな~?

    2020年2月23日 19:29

  • 第57話 魔窟の深奥へのコメント

    やっちまったなぁ、静流ちゃん。

    頑張り屋でとってもいい子なんだけど、気持ちが先走って空回りしちゃうんですよね。第二部、第三部ではあまり出番ないですが、お気に入りなんです。
    いやいや静流ちゃんが単に悲劇のヒロインってわけないですよね。戦えない彼女が巻き込まれるのはきっと……

    どんどん、舞台は広がるのですが、あっちこっちでピンチなの、ちょっと不安になってきました。どうなるんでしょう。
    とっても不安で、今後が益々楽しみです。

    作者からの返信

    いつもありがとうございます~! 静流ちゃん、灯夜が絡むと冷静ではいられないんです(;^_^A
     実は最初のプロットではおとなしくしていたんですが、灯夜がピンチだと知ると動き出してしまいました。逆にここで動かないと静流ちゃんじゃないなって。

     あっちこっちで続きが気になる展開になっていますが、少しずつまとめる方向で頑張っていきますので安心してドキドキしてくださいねっ!

    2020年2月11日 23:55

  • 第3話 四方院の巫女へのコメント

    良いですねえ。
    あやかしと人間との憑依?共生?の説明がスムーズに理解出来ました。
    あやかし側にも制限を付けないとフェアーじゃ無いですものね。
    次はいよいよ必殺技ですか?

    作者からの返信

    ありがとうございますっ! 今にして思えば、お話の冒頭に難しい説明入れてましたねぇ……(;^_^A

    強大な力にはリスクがともなうもの。最近はそこまで考えずノーストレスなほうが好まれるようですが、自分はそういうバランス感覚にこだわってしまうタイプなのです。

    次はいよいよ必殺技なのです!?(ネタバレ注意)

    2020年2月8日 02:07

  • 第55話 灯夜、更なるピンチ!?へのコメント

    わかっていましたとも、灯夜くんが追い込まれることは。この作者が素直に灯夜くんを解放するわけがない。でも、男(の娘)は困難を乗り越えて成長するんだ。
    ケッパレ、灯夜。応援するぞ。

    それにしても、【竜種】のお姫様のことが心配です。
    今のとこ好きな女の子No.1 お姫様、No.2 ミイナ、No.3 樹希、かな。

    作者からの返信

    ありがとうございますっ! 主人公に厳しい作者で申し訳ない(;^_^A
    ちゃんと活躍の場は用意してありますので、応援よろしくなのです!

    三部からのキャラだとお姫様とミイナ先輩の受けが割と良い感じなので、生みの親としては嬉しい限り。三部の鍵を握る二人の激突にもご期待ください(*´ω`*)

    2020年2月1日 20:14

  • 第2話 あやかしなる者へのコメント

    戦姫……霊装、対あやかしのバトルアーマ?ですね。いよいよ戦いの幕が始まる、のかな?ワクワク。(*≧∀≦*)

    作者からの返信

    ありがとうございます~! 最初のバトル回をお楽しみください~ヾ(≧▽≦)ノ

    2020年1月29日 00:17

  • 第53話 囚われの灯夜へのコメント

    お姫様とミイナの戦いの場に灯夜が濫入してなんとかなるとは、思えない。でも灯夜しか収める者はいないと思っていました(なんたって主人公)。
    でもなー、この作者は、きっと平気でいじめるんだろうなー。なんて思っていたら冨向につかまりましたか。活躍はもちょっと先ですね。
    語られるその悪だくみの内容が楽しみです。

    作者からの返信

    ありがとうございます~そして灯夜が活躍しなくてすまない……
    どうしても悪巧みを話したくて我慢できなかったのです(;^_^A

    2020年1月18日 19:31

  • 第53話 囚われの灯夜へのコメント

    やっぱり悪巧みを喋っちゃうんですよねーw

    作者からの返信

    ありがとうございますっ! 悪巧みをきちんと喋ってくれる悪党がいると安心できますよね……(*´ω`*)

    2020年1月18日 00:34

  • 第1話 或る、月の無い夜へのコメント

    え?ヘリコプター?
    魔法のホウキでは無い?

    いよいよ次で、前回の彼に繋がるのかな?

    作者からの返信

    ありがとうございますっ! 前回の彼の出番は……フフフ、とりあえずお楽しみに~(;^_^A

    2020年1月13日 16:04

  • 第0話 プロローグ・魔法少女と少女のよ…へのコメント

    店員さんもお客さんも“あちら側”の人かーーー。
    大きな町まで行かないと恥ずかしいんですかね……。
    月を横切る、怪しいカゲ。
    いよいよ次が楽しみですね。

    作者からの返信

    ありがとうございます~!
    さすが専門店ともなると、店員も客も面構えが違うのです(*´ω`*)

    2020年1月13日 16:00

  • 第51話 我捨、死のダイブへのコメント

    憎たらしいが、どこか憎めないところもある難敵の我捨も一巻の終わりか!というところにミイナさん登場ですか。かっこ良すぎですよ。

    このあと紅の竜姫と炎の魔人とのすざまじい戦いが始まるのか。とはいえミイナが如何に強くても竜種が相手では分が悪いのでは⁈
    灯夜はどうする⁉︎

    期待に打ち震えて次話待ってます。

    作者からの返信

    ありがとうございます! 最近今一ついい所のない我捨ですが、彼もこのまま終わる妖ではないはず……たぶん。

    この先池袋は更に酷い事になっていきますが、今年も応援よろしくお願いしますっm(_ _)m

    2020年1月9日 07:04

  • 第49話 突入、災厄の街!へのコメント

    あらあら蒼衣さん、ちょっと無謀だったねえ。いやほんと、責任者はつらいね。特にちゃんと責任感のある人は。
    なんとか援軍が間に合ったみたいでよかった。

    しかし、炎が中空に浮かび並んで歩いてくる様は本当に目撃したら怖いでしょうね。そのまま、取り囲まれでもしたら落ち着いていられないでしょう。そこで冷静に分析している蒼衣さんは妖に慣れていると言っても肝が太いです。彦次郎は残念、イイトコ無しでちょっとかわいそう。

    作者からの返信

    ありがとうございます~! 蒼衣さんも現地に着くまではイケる!と思っていたんでしょうが……状況的、性格的に退くに退けなくなっちゃったんですね。

    今回は「視えない人から見た妖」の姿を描くのに苦労しました。見えないのに確かにそこにある恐怖みたいなものが書きたかったのです。

    ヒコロー君、いまいち報われないキャラです。でも彼は学園外部の人間かつ男性というこの作品では珍しい立場なので、きっと活躍の機会はある……はず?

    2019年12月22日 09:31

  • 第48話 蒼穹の彼方へへのコメント

    えー、お姫様去っちゃうんですか!
    いやいや、灯夜との縁がそんな簡単に切れる訳ない、なんたって主人公。(ですよね)
    と言うことで、今後の展開もワクワクして待ってます。

    作者からの返信

    コメありがとうございます~! 
    二人が再会するのはいつになるでしょうか……って、そこらへん書くのは来年になってからかなぁ?

    2019年12月16日 23:48

  • 第47話 紅の竜姫へのコメント

    姫さまの本性はドラゴンでしたか。それは意外でした。かなりの上位の妖とは思っていたけど、それよりすごすぎ。
    力すごそうだけど消費する霊力も半端ないのでは?竜種の悲しい歴史といい今後の展開から目が離せないですね。

    しかし、乱暴者だねー、一体どうなるんだろう、ビルが壊れたらシャレにならないぞ。なんとかできるのは灯夜だけ(のはず?)、頑張れ!

    作者からの返信

    ありがとうございます~! なろうの方でもドラゴンに関しては意外との声を頂きました。自分的には三部のタイトルですでに盛大にネタバレしていたつもりなのですが(;^_^A

    大きくなったお姫様はこれから大暴れする予定なのでお楽しみに!
    あと某60階ビルはさらに酷いことになります……合掌(-∧-)

    2019年12月11日 03:38

  • 第46話 友達、だからへのコメント

    とうとうあらすじが「色々あって」にw
    いや、ホントに色々有ったけどついに灯夜の真骨頂!
    優しい心が世界を救いますように。

    作者からの返信

    ありがとうございます~! まあ色々あったので(;^_^A
    あんまりあらすじ長くてもアレですから、最初の方は簡潔に済ませてみたのですよ~!

    2019年12月4日 08:12

  • 第46話 友達、だからへのコメント

    灯夜くんの頑張りが事態を変えたね。僕は灯夜くん好きです。一所懸命でとても可愛いいとこが高ポイントです。

    作者からの返信

    ありがとうございますっ! 灯夜君の描写にはいつも気を遣っています。可愛くはもちろんですが、女の子のように繊細ながらも、不意に見せる男の子らしい気概が描けたらいいな、と。(´ω`*)

    2019年12月3日 23:38

  • 第45話 踏み出す勇気へのコメント

    男の娘だねぇ、灯夜くん。勇気を振り絞って頑張れ!
    うー、でもどうなるんだろう、どう考えても無事に済むわけない。ドキドキしながら待ってます。

    作者からの返信

    ありがとうございます~!
    この後も二転三転する展開が待っているのでご期待くださいっ!ヾ(≧▽≦)ノ

    2019年11月29日 02:19

  • 第42話 策謀の巨塔へのコメント

    ドキドキします。
    この先どうなるんでしょう。灯夜の活躍が待ち遠しいです。

    作者からの返信

    ありがとうございます! 灯夜君もこの後ばっちり活躍しますので、しばしお待ちを……
    っていうか、思えばこの三部ってまたWeb小説的にはアウトな構成なんですよね。視点が主人公のところに落ち着いてないっていうか……

    自分もなんだかんだでまだ素人作家なんだと実感させられます。申し訳ないm(_ _)m

    2019年11月10日 18:18

  • 第37話 ダブルブッキング、崩壊!?へのコメント

    あーニヤニヤする。灯夜君、絶体絶命(古い!)。慌てふためく様が目に見えるようです。😏

     とうとう池袋に「門」が開いてしまった。いよいよ事態が動き出す。妖が、術者が、ゴールデンウィークの池袋で戦いの火蓋が切って落とされる。万の目撃者の目の前でイフリートの炎爆が、鵺の雷撃がくりひろげられるのか!
     そして、赤い服の少女は?共にある灯夜は⁈
     予想のつかない展開。我々は紡がれる物語を座して待つのだ。

     すいません。わくわくして、調子に乗ってしまいました。大人しく待ってます。

    作者からの返信

    やっぱり主人公は絶体絶命になってこそですよねっ!

    さて、ようやく物語が佳境に入りました。ここまで来るのに結構時間がかかってしまいましたが……やっぱり展開遅いですかねぇ?

    ともかく、ここから先はがっつり盛り上げていくので応援よろしくなのですよっ٩( 'ω' )و

    2019年10月13日 13:18

  • 第36話 蜃気楼の乙女へのコメント

    おおう、イフリートですか。それは、すごい。ミイナさん半端じゃないですね。犬吠(ウェアウルフ)じゃ勝てるわけない。よね。
    さっさと片付けてビルの方に合流か。
    とすると被害がとんでもないことになりそうな予感が。

    作者からの返信

    現実でもたまーによくあるマッチング事故。犬吠埼君はよくやったよ……
    ミイナ先輩は周辺被害を拡大する事には定評があるので、池袋の今後が心配ですね(;^_^A

    2019年10月7日 07:58

  • 第31話 高架橋上の逃亡者へのコメント

    ミイナ先輩は、敵に回すとほんとうに怖いですね。タクシーの屋根を飛ばすとか容赦なしだし。変わらずのテンポと迫力が素敵です。

    ところでタクシーの運転手は大丈夫だったんですか?炎の腕で襲いかかってきてる所に投げつけられて。心配になってしまいました。
    というのも、テンポよく臨場感があるので映画のように場面が浮かび、投げつけられる運転手、それを無事にいなすミイナ先輩、屋根のないタクシー、逃げる犬吠埼。と映像がうかびましたが、ほんとうはどうだったのかなと心配になった次第です。

    作者からの返信

    いつもありがとうございます~!

    一般人が同乗していれば攻撃はしてこないだろう的なアドバイスを我捨はしていたのですが、その時点では犬吠埼君がこんなヤバいのに追われてるとは思わなかったのですよ……運転手さんはもう完全にとばっちりですね。

    心配される彼の安否は次回で書きますのでご安心を……?

    2019年9月7日 04:01

  • 第27話 不知火ミイナの記録へのコメント

    ミイナさんはそんな壮絶な過去を持っていたのですか。それは枠に収まる訳もないですね。

    さて、我らが灯夜はそんなミイナさんを戦いの中で助けるのか、助けられるのか、それともただの足手まといになる?
    三つ巴の争いに赤いドレスの女も気になります。

    どうも素直でない(褒め言葉)作者のこと、どう展開してゆくか、予想もつかず目が離せません。期待してます。

    作者からの返信

    ありがとうございますっ! ミイナ先輩の過去は一般人ドン引きレベルですからね。彼女はこの後の展開で本格的に暴れ回るのでご期待ください~!

    そういえば赤いドレスの人もしばらく出番なかったような……そろそろ出さないとみんな忘れちゃいますね(;^_^A

    素直でない作者ですか……うーん、人としての軸がブレている自覚はありますが、やっぱり文章に出ちゃいますかねぇ……_(:3 」∠)_

    2019年8月18日 12:46

  • 第23話 瞬撃の救世主へのコメント

    登場人物も場面も多く、同時進行しているので大変です。頭に簡単なまとめがあるのいいですね。内容にスムーズに入っていけます。

    それはそうとミイナ先輩かっこいいですね。もしかしたら、今まで登場してきた中で一番かも。

    作者からの返信

    そうなのです。第三部は色々なところで沢山のキャラが同時進行で好き勝手に暴れるので書いてるほうも大変(;^_^A

    そこで頭に今回登場するグループの前回までのあらすじを載せてみたのです。
    これで少しはわかりやすくなったと思うのです。

    それはそうとミイナ先輩! 彼女は結構シリアス寄りなキャラだったりします。
    プロット作成時はいまいちキャラが固まっていなかったのですが、某作品の兄貴キャラのイメージを乗せたら安定してしまったのでそれでGOと。
    ちなみに某作品についてはノーコメントで(笑)

    2019年7月26日 03:56

  • 第22話 それは普通の大ピンチへのコメント

    むちゃくちゃ好みの展開なのです!

    作者からの返信

    ありがとうございます! こういうベタなのもたまにはいいよね……

    2019年7月20日 23:17

  • 第15話 妖しき異邦人へのコメント

    やはり妖でしたか、しかもすざまじい妖気を纏うとは。鵺と比する、とてつもない戦いへの導入をワクワク、ドキドキして待ちます。

    とは言え、我らの灯夜は大丈夫なん?

    作者からの返信

    はてさて、果たして赤いドレスの少女の正体は――――(棒読み)
    全てが明かされるのはまだちょっと先なのです。

    我らの灯夜君は……うん、きっと何とかしてくれるに違いないっ!

    2019年6月16日 03:56

  • 第14話 赤いドレスの少女へのコメント

    赤いドレスの少女。ミステリアスでそそりますね。盛り上がって来た!

  • 第13話 三者三葉へのコメント

    舞台も役者も揃いましたね。
    この後の展開にワクワクします。渋谷と池袋ですぐに戦闘が始まるのか、更に色々と巻き込みながら事態は大きくなって行くのか楽しみです。

    作者からの返信

    そうですね、ほぼほぼ役者は出揃いました。
    まあ、まだ姿が見えてなかったり顔と名前が一致してない人もいるのですがっ!

    この先はタイムテーブルの管理とか、作者自身の限界に挑戦する構成が待っていたりします。
    どうか、ちゃんと面白いお話が書けますように……

    2019年6月8日 22:20

  • 第11話 再会は小さな奇跡へのコメント

    ちかちゃん、いい子だねー。
    ほっこり。

    灯夜。ぜったい、ちかちゃんを守るんだぞ!
    と何だか、この後期待される荒事での灯夜の活躍を応援したくなりますね‼️


    でも、バレないようにね……

    作者からの返信

    ありがとうございます~!
    角川的には無価値な拙作をこうしていつも応援して頂き、感謝の言葉もございません。
    連載はこれからも未練がましく続けていきたいとは思っていますので、どうかよろしくお願いします。

    2019年5月31日 08:15

  • 第6話 “二人目”の謎へのコメント

    なるほど、納得です。雷華さんの幻術でしたか。
    と言って何事もなく終わるはずないですよねー。なにが起きるのか。それを灯夜がどう切り抜けるか楽しみです。

    作者からの返信

    たまにはアッサリ解ける謎もいいよね、的な話でした。

    まあ、お察しの通りこのまま平穏無事って訳にはいきませんよねフフフ……

    2019年5月10日 20:12

  • 第4話 闇に喚ぶ声へのコメント

    おう、このタイミングで始まるとは思ってもみなかった。新たな戦いの始まりですね。
    この、雰囲気好きです。普通の魔法少女ものと違う独特の世界観がここにあります。儀式まで持っていく様とか、このおどろおどろしくて、どこかモダンな雰囲気は、自分に書けるとは思えなく、とても好きです。

    さて、事件の場所は?次を待つ。

    作者からの返信

    スキあらば不穏パートをねじ込んでしまう作者なのです(;´Д`)
    好きだと言って頂けると安心します…

    シリアスかつ中二感ある話は書いててとても楽しいのですが、普通の魔法少女ものと思って寄ってきた方々が一斉にブラバしてしまう諸刃の剣。
    こういうノリについてきてくれる読者さんにはいつも感謝なのですよ~!

    2019年5月2日 19:15

  • 第3話 招待状は突然にへのコメント

    トラブルの気配。楽しみです。

    作者からの返信

    どもです。GWはいっぱい書かないとだ~!

    2019年4月29日 11:49

  • 第1話 猫の楽園へのコメント

    なかなか個性的なおねえさんが登場しましたね。と、個性の薄い人物はこのお話にはいませんでした。みんな、一度会ったら絶対忘れられない子ばかりです。
    しかし、グイグイきますね。ライオンヘアに赤いメッシュすごくかっこいい。次話が待ち遠しいです。

    作者からの返信

    登場人物が増えていくと困るのがキャラ被りの問題。
    気を抜くと変な語尾のキャラばっか増えていくので難しいですねー。

    不良のお姉さん(仮)はこの第三部の鍵になるキャラです。
    今まで女性キャラが小中学生と大人の女性しか居なかったので、その中間の娘が出したかったんですよ~(*´▽`*)
    今後の活躍にご期待くださいっ!

    2019年4月20日 10:12

  • 番外編その4 魔法少女布教作戦・後編へのコメント

     女子会? も終わったね。ちょっと違うような気もするけど。
     友達の部屋に集まって徹夜で、ビデオを見たり趣味について語り合うなんて、なんて青春なんだろう。ああ(遠い目)なつかしい。
     うん。魔法少女たちにもこんな日々があってもいいよね。明日は戦いの中に身を投げるかもしれないんだ。きっと、アニメの中の技を参考に決め技を思いつくに違いない。キリッ。

     しかしかわいそうなのは静流ちゃんだなぁ。僕は好きですよ、灯夜が男の子なことを黙っていてくれてるし。でも、事情をわかっていない彼女の気持ちが落ち着かないのもかわいそうです。先生、そのうちいつか静流ちゃんの気持ちが安らぐ回をお願いします。

    作者からの返信

    女子力の低い面子ですまない……
    若い頃は皆で集まってワイワイやるのが楽しかったなぁ(遠い目)

    静流ちゃんとの微妙な距離を埋めていくのも、灯夜の今後の課題なのですが……はてさて一体どうなってしまうのか(小並感)
    乞うご期待……なのです!

    2019年3月26日 22:33

  • 番外編その1 バレンタインデーとお姉ち…へのコメント

    かわいそうな蒼衣おねえさん。
    でも、よかったね。灯夜にチェコレートもらえて。

    作者からの返信

    ありがとうなのですよ~!
    バレンタイン回なのにアラサー女子が過労でおかしくなる話で申し訳ない……

    ちなみに灯夜君、家庭科の成績は上々でチョコレート作りも結構楽しんでいたようです。
    きっといいお嫁さんになるでしょう……?

    2019年2月15日 00:28

  • 番外編その1 バレンタインデーとお姉ち…へのコメント

    お姉さんへの手紙に名字まで書いちゃう律儀な灯夜ちゃん、けなげだ!

    ところで、月代灯夜をコピペしようとしたらGoogle先生が勝手に翻訳してくれて中国語で「夜景の代わりに月」って出て来ました。
    暗闇に月灯りをもたらすとはさすが魔法少女男の子!

    作者からの返信

    ありがとうございます~!

    そこね、最初は名前だけだったんだけど……灯夜なら苗字まで書いちゃうな、と思ってフルネームにしたのです。
    真面目で微妙に融通がきかないあたりが灯夜らしいかな、と。

    あと、最近のぐぐる先生ってそんな機能ついてたんですね~。
    魔法少女男の子は闇に光をもたらすのです(`・ω・´)シャキーン

    2019年2月15日 00:17

  • 第50話 エピローグ・日常へ……ただい…へのコメント

    お疲れ様でした、灯夜。
    そして、六篠さんも第二部お疲れ様でした。

    しかし、むむっ!
    ちっとも、きゃっきゃ・うふふな展開にならないですねぇ。

    そのうち、本当に余裕があったらで……
    たのしい休日のSSが読みたいなぁ。
    いえいえ、そんなぜいたくは申せません。
    忘れてください。( ´∀`)

    作者からの返信

    どうもなのです!
    カクヨムコンの読者選考期間ギリギリに第二部完結が間に合ったのですが…
    実はただの偶然です(挨拶)

    最近きゃっきゃうふふ分が足りない!
    というのは作者自身も感じておりました…反省しております。
    一度シリアス展開に入っちゃうとどうにも止まらなくなっちゃって。
    第三部ではそこら辺どうにかしたいなぁと思います。

    っていうか、第三部の前に日常の話で外伝っぽいのを書くのもいいですねぇ。
    まあ、とりあえずはプロット練り練りしないとですがっ!

    2019年2月8日 01:40

  • 第49話 観客無き幕間劇へのコメント

    この緊張感、いいですね。
    次々に強力な術者(キャラクタ)が登場してきた。灯夜たち3人がギリギリで倒した【廃れ神】が神になりきったとしても倒せる術者が控えているとは、それ以外に先輩たちもいるわけで。

    これは、先々とんでもないことになりそうですね。(ワクワク)

    先生!ついていきます。

    作者からの返信

    ありがとうございます!
    今回の話はギャグを入れる隙間すらなくぎっちりシリアスになってしまいましたが、たまにはこんな緊張感もいいんじゃないかな…なんて。

    とはいえあくまで「ドキドキ魔法少女ライフ」。そっち方面の要素も拾っていかないとなのです。

    それとっ! 誰かに先生と呼ばれたのはこれが始めてかも知れません。
    なんか政治家にでもなったみたいな気分ですねフフフ…

    2019年2月2日 21:11

  • 第48話 果たされた願いへのコメント

    やったね。灯夜。
    【廃れ神】の魂も救われたんだね。

    一癖も二癖もありそうな先輩方も登場して、いよいよ「夜行編?」
    いや、きっとクラスメイトたちがなにかやらかすに一票。

    ごめんなさい。調子に乗りました。
    作者の世界ですもの、大人しく待ってます。

    作者からの返信

    どうもです! 先の展開を予想されると嬉しいですね…なんか、小説家になったみたいです(*´▽`*)
    読者の予想を外そうとして物語がグダグダになるとか一度味わってみたいものですねぇ。

    ずっとバトルを書いていたから、第三部では平和な日常を描きましょうねフフフ…(*´ω`*)

    2019年1月29日 08:59

  • 第47話 月下に踊る、白刃の宴へのコメント

    迫力です。灯夜の素早さと眼力は人の限界を超えてる。
    あ、魔法少女なんだから、あたりまえ?
    いやいや、そんなことないでしょ。w

    次話が待ち遠しい。早……
    いえいえ、ワクワクしながら大人しく1週間待ちます。

    作者からの返信

    契約したしるふとの相性もあって、灯夜の回避力はそれなりに高いです。
    今回それについて言及するくだりも初稿ではあったのですが…
    長くなりすぎたのでカットしちゃいました。てへっ(^^ゞ

    次話はこれから書きます…一週間はかからないと思うので、どうかお待ちを~。

    2019年1月24日 07:48

  • 第47話 月下に踊る、白刃の宴へのコメント

    祝!通算100話!

    そして、そうかー、短剣か!
    それじゃやっぱり王子様コスチュームでないと……
    いや!お姫様コスでもガーターベルトに挟んでとかいう手も有ったんじゃ……
    (未練がましいw)

    作者からの返信

    ついに、やっと、100話です!
    自分ではずいぶん書いたと思うのですが、毎日更新の人とか一体どうなってるんでしょうね(;^_^A

    ガーターベルト、いいですよね…
    灯夜君に与える恥ずかしいコスチューム案として一考の余地ありです!

    2019年1月24日 07:36

  • 第46話 剣を取れ、魔法少女!へのコメント

    そのままでは敵うわけもない【廃れ神】に仲間を助けるため毅然として立ち向かう。灯夜かっこいい。
    ハラハラします。どう切り抜けるか目を離せないです。

    作者からの返信

    ありがとうございます! クライマックスの戦闘ちょっと長いかなとも思いましたが、ハラハラして頂けているようで何よりです!
    【廃れ神】戦もいよいよ大詰め。ちゃんと描き切れるかは自分の腕次第ですが、応援してくれる読者さんの為にも全力を尽くしますっ!

    2019年1月19日 04:30

  • 第46話 剣を取れ、魔法少女!へのコメント

    がんばれ灯夜!
    がんぱれしるふ!

    作者からの返信

    いつも応援ありがとうございます!
    ちょっとなろうのほうでブクマと評価が剝がれてブルーな気分になっていましたが、元気を頂きましたよっ!
    自分もがんばらなきゃですねっ!

    2019年1月18日 21:28

  • 第0話 プロローグ・魔法少女と少女のよ…へのコメント

    自分で言うか! 
    と声に出して突っ込んでしまいました♪
    ほぼ日常のひとコマで、本編がすごく気になってくる。
    素敵なプロローグですね。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!
    実はこのプロローグ、つい最近になって追加した部分なのですよ…
    お話の頭に主人公が出てこないのは流石にどうなの!?って事で。
    後の話の伏線もこっそり混ぜてありますので、合わせてお楽しみいただけると幸いです。

    2019年1月12日 20:59

  • 第4話 雷、轟くときへのコメント

    いやぁ、おもしろい

    作者からの返信

    ありがとうございます! そう言って頂けると励みになるのです!

    2018年12月14日 17:40

  • 第35話 契約の儀へのコメント

    魔法女装少女ww
    動画に投稿された日には大変なことになりますね。

    作者からの返信

    現代で魔法少女をやるにあたっては、ネットでの情報拡散は避けられない問題ですよね……

    この作品では、機械では魔法少女の映像を完全な形で記録できないという設定なので、かろうじて都市伝説のレベルにとどまっているのです。

    もっとも、リアルタイムの配信では見えてしまうという穴もあるので油断は禁物。それでやらかした人達のエピソードもいずれ語られる……かもしれません。

    2018年12月14日 17:38

  • 第28話 決意の飛翔へのコメント

    がんばれ!とーや!
    がんばれ!しるふ!
    がんばれ!作者!

    作者からの返信

    いつもありがとうございます~!
    伸びはなくても頑張るよっ!

    2018年10月15日 18:17

  • 第3話 四方院の巫女へのコメント

    動画映えしそうな小説ですね!ひとつひとつの場面がはっきりと目に浮かぶようです。
    展開も小気味良くて何より文章がすごく上手い!これからも楽しみです、読ませていただきます!

    作者からの返信

    ありがとうございます! 小説を書き始めてからまだ一年も経ってない素人ですが、上手いと言ってもらえると文章に少し自信が持てます。
    ちょっと長い話になってますが、続きも読んでいただけると幸いです。

    2018年9月25日 02:15

  • 第14話 対決! 謎の魔法少女へのコメント

    ワロタにゃんw

    作者からの返信

    語尾で遊ぶのいいよね……にゃん。

    2018年9月24日 16:52

  • 第6話 桜花咲く、天御神楽の門でへのコメント

    10人分応援します‼️
    ♥️♥️♥️♥️♥️♥️♥️♥️♥️♥️

    作者からの返信

    10人分感謝します‼️
    ♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡

    いや、感謝する作者が増えたら意味ないんじゃ(汗

    2018年9月19日 20:41

  • 第51話 エピローグ・終わりと始まりへのコメント

    ほら! やっぱり女の子じゃない。(胸は私の勝ちね!)
    視線はゆっくりと下がり……(ふん、お子さま体型ね)
    ぼくの、あの部分に固定される。(これは見たこと無い妖!響震け、“鳴雷”!)

    作者からの返信

    やめて! あの部分吹き飛ばすのやめて!

    ……と、それは置いといて。
    第一部読了ありがとうございます。一体あと何人がここまで読んでくれる事やら……(涙

    なろう様のほうで連載中の第二部の方もめげずに順次、こちらで公開させて頂きますので、よろしくお願いします。今度の舞台は女子校だよっ!

    2018年9月8日 17:15

  • 第50話 スタート・ラインへのコメント

    そ、そういうことなら……
    衣装の事は諦める。

    ここまではw

  • 第42話 魔法少女、再びへのコメント

    あぁ、ヘリの起こす風、縦横無尽の風、落ち行く身体に纏いつく風!
    なのに、なのに、なぜあなたはひらひらふりふりのスカートじゃないの⁉️(しつこいw)

    作者からの返信

    すまぬ……重ね重ねすまぬ……

    2018年9月4日 07:48

  • 第36話 魔法少女、誕生!へのコメント

    『ゴメン無理~』
    ただし、能力アップと引き換えにしるふの希望する方向には可ということでなんとか……w

    作者からの返信

    将来的に新フォーム登場! とかなるとしたら、やっぱりフリフリが増える方向になるのかなぁ……

    2018年8月29日 19:33

  • 第35話 契約の儀へのコメント

    修正が間に合いませんように!間に合いませんように!間に合いませんように!!!

    作者からの返信

    すまぬ……すまぬ

    2018年8月29日 15:51

  • 第32話 綾乃浦静流の事情へのコメント

    繋がった……

  • 第16話 帰ってきた酔っ払いへのコメント

    天国良いとこ一度はおいで~🎵
    あー、妖精とお友達になれて、巨乳(推測)のお姉さまにもふもふされる天国からは帰りたくないぃ❗
    酔っぱらいは今日は帰りません❗

    初コメントがこんなんですいませんw
    あれもこれもの贅沢な展開に一気にここまで読んじゃいました‼️

    作者からの返信

    初コメントありがとうございます~。
    正直、公開直後はなんで公開しちゃったんだろうと後悔すら覚える状態だったのですが、最近微妙に読者が増えて嬉しい限りです。

    最後まで読み切る勇者様もちらほら現れてきたので、これは早く続きアップしないとですね!

    2018年8月27日 20:25