魔王の星の次の魔王

作者 十龍

魔法への憧れを呼び覚ます、丁寧な描写が光る異世界ファンタジー。

  • ★★★ Excellent!!!

これ、本当に読みやすくて面白いです。

あらすじを簡単に説明すると、国家資格を有する魔法使い組織『魔法師団』で国家公務員として働くネロ・リンミー。ある日、突如として国を襲った異常事態の調査を大魔導師サヴァランより命じられ、嫌々ながらも旅に出る。その先で待ち受けてるものは・・・?

まず何といっても描写の丁寧さが光ります。地図的な国の描写、政治的な主人公の立場、そして魔法の理論的な解説、どれをとっても繊細に丁寧に描かれていて、すべての情景が読み手にするっと伝わってきます。そして俺が一番好きなのが、

魔法がどう発動されるのかを、ひとつひとつ理論を交えながら説明してくれるところ!

これ、魔法使いを夢見たことのある人には嬉しい描写なんですよ!

呪文を唱えて精霊を呼ぶだけじゃなく、その魔法にどんな背景があるのか、魔法とはどうやって形成されるのか、それが描かれているのが本当に楽しい。しかも全然説明臭くなく物語にスルッと組み入れてくる。その描写で読者をワクワクさせながらも、ストーリー自体の展開は早くて飽きさせない。凄くいいバランスで物語が進んでいきます。このレビューを書いてる時点で24話まで進んでるんですが、一度読みだすとあっという間に全部読めちゃいます。それぐらい面白い。続きが気になるぜ・・・。

あとキャラクターがニヤニヤしちゃうんだよなー。

主人公のネロは国家公務員の下っ端として自分を擦り減らしながら生きてます。

実は家柄が良く双子の兄は市長という立場にコンプレックスを抱えつつも、上司の理不尽な命令も仕事だからと無難にこなし、自分の僅かな自由を大事にして、ヘラヘラしながらもなんだかんだ周りへの配慮を忘れられない、そんなヤツ。こんなのいいヤツに決まってんじゃん。しかも実は秘められた力がありそう・・・・。

そのネロが悪態ついたり迷惑そうにしながらも他人に親切にしたりしてるところを読むと、思わず顔が綻びます。だって文句言いつついいヤツなんだもん。そして研究者気質な性格も好きな人は多いはず。秘められた力が解放されていくにしたがって、色々ねじ曲がっているであろうネロの内省的な描写ももっと増えたらいいなー、と期待しています。

そして公開されている物語はまだまだ序盤。

これからどう展開されていくのか、どんな魔法が出てくるのか、そしてネロにラブストーリーは用意されているのか、いろいろ気になります。個人的には『BASTARD!!』が好きな人は好きなんじゃないかなーって思います。物語自体が魔法書みたいで、魔法を使ってみたい人にオススメの物語です。

物語が完結してからでいいから、魔法のレシピ本みたいなのも書いてほしい・・・。

この『魔王の星の次の魔王』、超大長編になりそうなほど設定に広がりがあるから、ファンタジー好きの人は序盤のうちに読んでおくのが絶対イイと思いますよ。更新が楽しみ。イヒヒ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

@world360さんの他のおすすめレビュー 7