魔王の星の次の魔王

作者 十龍

丁寧な物語運び、面白さが加速していく確信

  • ★★★ Excellent!!!

密命を帯びた公務員が調査におもむく。
そうとだけ書けば、警察小説みたいだが、ところがどっこいこの公務員は魔法使いなのだ。

抑制された文体だが、淡白すぎず硬すぎず、わかりやすくて読みやすい。たまにはっとするような表現や例えが出てきて文を追うだけでも面白い。
ベルトを外すのと同じくらいのめんどくささの魔法、なんて表現がさらっと出るのとか、かっこいいじゃない。

主人公ネロもとても人間臭くて、しかし凡百な奴というわけでなく、知識欲とか研究心みたいなものが強くて、振る舞いもスマート。まだ戦闘シーンはありませんでしたが、かっこよく戦ってくれそうな雰囲気で待ち遠しい。

細かなシーンの演出も丁寧だが、くどくはなく、物語への信頼を高めてくれる。
第一話での役所の混乱は、金融腐蝕列島やシンゴジラを彷彿とさせる、騒乱っぷりと用語の飛び交う楽しさ。
魔法陣修繕係の木っ端仕事の描写も、世界観に説得力を与えてくれて、主人公たちが一公務員であることを思い知らせてくれる。

そしてそう、この物語の全容はいまだ謎に包まれているのだ。衝撃波の正体、王宮はなにを隠しているのか、そして謎のタリスマン。

公務員魔法使いが密命を帯びて地方に出張、しかもその先に巨大な動乱が待ち受けてそうとあれば、これは俺の好みどストレートなのだが、それを差し引いても確実に今作品はめちゃくちゃ面白くなっていく。まだ序盤も序盤ですが、そんな確信がある。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

★★ Very Good!!

魔術師の公務員、ということでかなり期待をもって読ませていただきました。

最初から謎の魔力の波動から始まり、混迷を極める所内の中、ひっそりと密命を受けた平社員は実はかなりの実力者だった――というのは… 続きを読む

石井(5)さんの他のおすすめレビュー 7