やがて光となって散る

作者 夏野けい

15

5人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

それが形あるものでも、そうでなくても。

致死性発光症という不治の病に侵された人間は、徐々に身体から強い光を放つようになり、最後は光とともに消滅する。消滅、それは骨のひとつも残さずに身体が完全に消失してしまうこと。身体が残らない残酷な病を前に、人は何を残すのか。

答えはきっとひとつだけではない、と作者さまがおっしゃっているように、読み手にもいくつもの「もし」を想像できるだろう小説です。残らない恐怖を前に最期に向かって行動する人々。そのどれもが正しいし、そのどれもに異なる可能性がある。
皮肉なほど綺麗な輝きを見せて逝く様は、胸に深く突き刺さります。

★★★ Excellent!!!

致死性発光症。その病になった者は、やがて光になって消えてしまう。後には遺体さえも残らない。
そんな病が広がった世界の連作短編です。

一つ一つの話は独立していますが、前に出てきた登場人物の名が出てきたり、再登場したりと、確かな繋がりを持った作品になっています。

光になって散る。そのことに絶望する人もいれば、希望を見る人もいる。
命の数だけの、登場人物たちの、想いが静かに響きわたってきます。

重厚な文章によってそんな世界に引き込まれ、最後はどこか暖かい光を感じとれる作品です。


消えてしまうとしたら、あなたは何を残そうとしますか?