ニトの怠惰な異世界症候群 ~最弱職〈ヒーラー〉なのに最強はチートですか?~

作者 蒸留ロメロ/酒とゾンビ

526

198人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★ Very Good!!

前の方々が書いている通り、誤字脱字、話中の繋がりの説明の無さ、プロットの繋がりの判りづらさで読みにくいです。
没頭して読まされることはないですが、こちらから読み込んでいくお話だと思います。そうすると読めます。
編集の方をつけてくれればもっと面白い作品になるんじゃないかと。

★★ Very Good!!

話自体は面白いと感じました。

が、誤字 脱字 誤変換 接続詞の間違い等等が相当に有り、物語に集中出来ない場面が多々有ります。

投稿前にWord等で文章チェックした方が良いです。話数も多く、コミカライズもしているので、後々の修正作業や誤植を防ぐ為&読者離れを防ぎたいのなら、そこは改善しないと
「単なる俺Tueeee話を書いてみた」で留まってしまい
「小説を書いて印税を稼いた」と自信を持って言えないだろう、という意識の甘さも惜しい点だと感じます。

★★ Very Good!!

イジメや差別の話になると暴走モードに突入してしまうみたいで、置いてけぼり感が…。
例えば
イジメがあった時点で周囲の人間全て敵・罪人、だから殺す。しまいには人間だから殺す宣言。
イジメられたり迫害されて歪んだとしか思えない主義・主張。

かと思えばこいつは殺すんだろうなという場面で見逃したり、その辺の判断基準や思考経緯も描かれてはいるのだが、共感処か理解出来ないこともしばしば。

イジメの内容を小出しにしたのもマイナスに作用している。最初の内は自殺する程のイジメか?と違和感しかない。最初からくどくどイジメ描写するのを避けたいなら、もうちょっと伏線を張って欲しかった。

不満を書き連ねてしまったようだが、途中で投げ出さず読み切れるのは、イジメ復讐の形だけ追って感情移入出来ない作品が跋扈するこのラノベ界隈で、これ程どろどろした生の感情に溢れる作品は、貴重な存在だからだろうか。

★★★ Excellent!!!

いや、本当にただただLIKEです。
文章の読みやすさ、表現力、キャラの個性、そして何より無駄なハーレムじゃなくて、メインヒロインが居てこそのちゃんとした?ハーレムと言うか、ただの「けっ!リア充かよ!ハーレムおつ!きーーーー!!!」じゃない所が良い。

語彙力とかもうそこら辺の全て宇宙に飛んでって、単純にLIKE。好きです。
普通に良くて、もー、ありがとうございます!!

★★ Very Good!!

主題そのものは「クラス転移」に「主人公チート」と極ありふれたものですが、良くも悪くも主人公が「生きてる」と思わせる作品です。

復讐物ですので、復讐、ざまぁ、ぶれずに貫こうと邁進してくれますが、主人公が年相応よりも子供で直情的なのに、後先考えないチートの力で好き勝手できるからさあ大変。

賛否両論ある性格の主人公ですし、自分は主人公否定派。
割とこのまま無様なBADENDを迎える処をみれたらスカッとするよねと主人公に対してもざまぁを期待するありさまですが....好きです政宗くん。子供で無様で「生きてる」所が。

どいつもこいつも人物として血の通ってる、欠点だらけな子供が多いからこそ、どういう結末に行きついてくれるかを気にさせる異色な作品です。

★★★ Excellent!!!

 主人公が自殺をした瞬間、同じクラスの異世界転移に巻き込まれる。
 眼の前には中世の騎士、王女、王様などが居てお決まりのセリフをクラスメイトに伝える。

 「どうか我々を……この国を救ってほしい! この通りだ! 勇者たちよ!」

 そしてお決まりのステータス確認。あるものは賢者、あるものは勇者を持ち、主人公は最弱と呼ばれるヒーラー。回復職なので重宝されるかと思いきや、ビショップという職業の方が優れていて、ヒーラー職は町医者レベルの能力しか無い最弱の職業。

 その事を知ったクラスメイトは、いつものように主人公を馬鹿にしだす。

 王や王女も手のひらを返したような態度を取り、この者は必要ないと部下に命じランダム転移を主人公に命じる。

 せっかく自殺して楽になれたと思ったのにこれか……政宗は転移の前に「必ず……殺しに来るからな……お前ら全員!」と言い残し転移させられてしまう。

 転移先は得体の知れない洞窟。
 そこで政宗は強力すぎて扱いの難しい危険な力を手に入れる。

 そして政宗は深淵の力を使い、復讐し、徹底的に殺し、破壊をすることとなる。


 クラスメイトは【転移者】、主人公政宗は【転生者】でバッドステータス【状態:異世界症候群】を持っている。幼少からのイジメにより自殺した政宗の心は強力な力を手にしても、根幹にある精神はいじめられっ子のまま。

 ありふれたような物語に見えるが、いい意味で予想を上回っていきます。旅をし人と対等に触れ合う事で、表面上は好青年へと変貌するかに見える。

 表面上は好青年。一皮むけばいじめられっ子である辛く歪んだ記憶が残る転生者。
 精神の根幹の部分は変わらないまま歪んだ思想を持ち、危険な力を使い、それでも仲間が少しずつ増え、いろいろな体験をしていく。
 
 怒涛のように進んでいく物語です。最近流行りのスローライフとか、ぬるい物語ではあり… 続きを読む