星の王子様に恋をした

作者 久里

手を伸ばしても届かぬ星に。そっとのばす、心を

  • ★★★ Excellent!!!

夜空に浮かぶ物語の一つに耳を傾ければ、ロマンチックな感情とちょっとした疑問が芽生える。

誰もが一度は空を見上げて、流れる光を指で繋ぐ。

でもとうの昔に気がついていた。

星には手が

届かないんだ。

光が近づくととても眩しい。

でも、永遠にも思える距離は余計に切ない。

流星が流れて、ちょっと近づく夏の夜。

とても綺麗だね。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

★★★ Excellent!!!

ただその場に佇んでいるだけで皆の視線を奪うほどに見目麗しい一ノ瀬 光先輩。
そんな彼は星が大好きで、自分が相当なモテ男だという自覚はまるでない。
天文部の後輩としてそんな彼に憧れる日菜が、突然先輩か… 続きを読む

遠藤孝祐さんの他のおすすめレビュー 228