あやかし温泉街、秋国

作者 桜乱捕り

ほのぼのとしたお話です。

  • ★★★ Excellent!!!

主人公は「妖の世界」で、日常的かつ、ちょっと不思議な仕事を行います。

彼女の能力が高く、仕事をテキパキ進めているのと、妖怪たちが皆、フレンドリーであるのとで、楽しく読み進めることができます。
また、ただ仕事をこなすだけでなく、妖狐になったり、焼き芋をやったり。果ては妖怪の代行、看護まで。
ほのぼのとした、温かい雰囲気です。
天狗にぬらりひょん、あかなめと、古典妖怪がたくさん出てくることもあり、どこか懐かしい感じもします。

舞台となる場所への入り方は、ふらっ……と入っていく形で、もしかすると、日常の隣に、こんな場所があるかもしれない。
そんな思いも抱かせてくれます。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

藍江亜衣(あいえあい)さんの他のおすすめレビュー 36