川上稔がフリースタイルで何かやってます。/ゲリラ連載中!

作者 川上 稔/電撃文庫

964

326人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

内容?いつも通り面白い。
川上稔という名前は聞いたことあるけど鈍器すぎる長編に手を出すのが難しい、と感じるあなたにうってつけの短編群。
合う人はドはまりする、合わない人にはとことん合わない、電撃の裏御三家と言われた川上氏のピーキー小説、とりあえず一読いかが

★★★ Excellent!!!

ラノベというか、小説自体にどっぷりハマったのが川上作品でした。鈍器だからなんだ、目の前に世界が広がるってこんなか!ってくらい没頭出来る。キャラが複数いても誰が何を喋ってるってすぐ分かる。文字だけでこの表現力……ってなります。おススメして「つまんね」って言う人はいませんでした。「通勤中読むには重いね」って言われるくらいです。でも皆んな深くハマってくれます。それくらい、面白い。鈍器であろうと、短編であろうと伝わってくるこの感じ、毎度更新が楽しみです!!

★★★ Excellent!!!

ホントなんで氏は、こんなに良い話が書けるのか不思議でならない。
都市シリーズの頃から追いかけてますが、一度もその勢いが衰えた事がないように思う。
そんな氏がこういう場に現れ、読者の心を掴んでいくのだから始末に負えない。良いぞもっとやれ。
ネタやジャンルのふり幅がとても大きいのに、その力強さは一瞬も陰りが見えないというのを読んだ人は実感できると思う。
もしこの連載を気に入ったという方がいるのなら、過去作も含め氏の小説を読む事をお勧めする。
さあ皆、書店や公式通販等に、AHEAD! AHEAD! GOAHEAD!! である。

★★★ Excellent!!!

フリースタイルがここまで似合うのはそういない。
読者の想像力を技術でジャブったかと思えば、瞬間風速的なネタでボディを連打。
ぐらついたところにハートブレイクな一撃も持ってくるとか変幻自在な作風である。
問おう…次の展開が君に読めるかどうか!(配点:混沌)
私には無理です!

★★★ Excellent!!!

書く(描く)ことによって、己の”好き”を表現する。

その究極のカタチの一つが「川上稔」というスタイルだ。



剛毅なことに無償でそれに触れられるのが、此処。

もしも此処に在る「好き」に寄り添えれば、とんでもなく広く深い世界が貴方を待っている。






……鈍器揃えるのは大変だが楽しいよ?





★★★ Excellent!!!

 フリースタイルで何かをやっている、として詳しい説明は無い状態で始まったこの枠。
 それぞれの繋がりはあまりなく(無いとは言っていない)あえてどれから読み始めてもいい、そう感じます。
 貴方が気になった作品から手を出せばいいでしょう。

 しかしこれではレビューではない。

というわけでいくつかピックアップして雑感を残しレビューとします。

「友人談義」シリーズ

 氏と友好を持つ方々との「何かをしながら」行われる雑談を纏めたモノです。
 内容としては激流に身を任せなんやかんやした果てに残った大概なのを蠱毒に詰め込んだ後に出来る煮凝りのような何かだから覚悟して。覚悟してもどうにもならないけれど…といった感じです。

「君が手を離さない」

 始めに更新された王道ファンタジー的な何か。
よく言えば王道の、悪しざまに言えば陳腐な内容です。ただ、読了後に読み直したくなります。

「ダメサーの王子達”会長のアナリティクス”」

 ジェットコースターの如く勢い全振りな小話です。
――とりあえずアナリティクス…!!