召喚術士と図書館の魔女 (『走れ!エランダーズ 〜Adobe Adolescence 〈Ⅰ〉図書館の魔女』)

作者 日竜生千

オネエのインパクト

  • Good!

魔法についての詳細な説明は、まるで魔法の講義を受けているようです。

回を増すごとに魅力を増していく師匠とは対象的に、バールの普通っぷりが新感覚です。

果たして彼は立派な召喚術士になれるのか。

それよりも、まず彼は召喚術を使わせてもらえるのか。

……いつになったら、召喚術を使うのか気になってしまいます。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

遠藤孝祐さんの他のおすすめレビュー 263