魔王になりたい俺の友は善人として称えられる

作者 狼煙

魔王になりたい厨二病の生徒会長が、意図に反して善行の限りを尽くす!

  • ★★★ Excellent!!!

魔王として世に君臨すべく数多の悪行を画策する、ヴァルハラント学校の生徒会長ヴァン。
しかし彼は、その意図とは裏腹にやることなすこと全てが善行となってしまうという、特異体質の持ち主だった!

もう、このノリ大好きです。
ヴァンなりに『悪行』を働こうとしているのに、お約束通りに、予定調和的に、時には斜め上の方向から、それが『善行』になってしまう。
お決まりのオチが来るというのは、期待を裏切られずに笑いを得られる安心感と満足感があります。これ重要。

ヴァンを取り巻く仲間たちも、どこか残念でどこか憎めない賑やかしいキャラばかり。
怒涛のように繰り広げられる会話の応酬が、『お決まりのオチ』に向けた期待感に華を添えます。

一話ずつが短く、あれよあれよとページを繰ってしまう、病みつきになるような作品。
この先も楽しみです。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

陽澄すずめさんの他のおすすめレビュー 403