異世界帰りの聖王、休暇を満喫する

作者 笛吹ヒサコ

古き良き、幻想譚の世界を、異世界の味付けで。

  • ★★★ Excellent!!!

聖王の従者が可愛い。
とてもかわいい。
しかし男である。
……いや、この物語において、そういうことは些末なことかもしれないが。

この作品は、どこかノスタルジーを感じるファンタジーだ。
紡がれるセンテンスは美しく、優しく、楽しい。

最後の怒涛の展開も見ものである。
ファンタジーらしいファンタジーを読みたい方に、是非お勧めしたい。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

★★★ Excellent!!!

異世界《ニホン》から帰るなり、臣下たちの反対を押し切り、ケモミミもふもふ少年ギシュタークを引き連れて、休暇と称して人探しの旅に出た聖王イシュナグ。
身分を隠すため、自分は猫耳カチューシャ着用で、そし… 続きを読む

★★★ Excellent!!!

「聖王」と呼ばれる人って、どんな人物を想像します?
僕はやはり博愛精神に溢れた立派な人で「人類皆兄弟、仲良くしなきゃなりませんぞ、おっほっほ」みたいな人物を想像しました。

でも、今作に登場する聖王… 続きを読む

雪車町地蔵(そりまち じぞう)さんの他のおすすめレビュー 255