幻想粗餐

作者 彁はるこ

62

23人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

一話で一つ、数百字程度の文章で不思議な献立を紹介していくシリーズです。

シュールで可愛くて、でもちゃんと美味しそうな料理をたくさんみることができます。ちなみに私のお気に入りは秋の夜長の深海スパゲティです。しょっぱいものが好きなので。

素敵で綺麗な装丁と挿絵の本にして手元に置いておきたくなるような、そんな感じの作品でした。

★★★ Excellent!!!

懐中時計のシチューに恋心のパイ、懐古のドライフラワーに絵本と四つ葉のオーブン焼き鳥……
幻想的な料理の数々は現実には食べられないようなものばかりだけれど、気になる料理を選んで読みはじめると、あら不思議。食べられないと思いこんでいたはずの《言葉》達が綺麗に皿に盛りつけられ、よい香りを漂わせて、あなたが食べるのを待っているではありませんか。
ナイフとフォークで丁寧に切りわけて、あるいは銀のスプーンですくって、お行儀よく舌に乗せれば、それぞれの料理の味がとろりと広がります。甘味 酸味 塩味 苦味 うま味……想像できないと思っていた料理の味が、こんなにもあざやかに胸を満たしてくれます。

まさしく、これはまさしく《言葉》の美食。

詩画集の頁をめくるように、品書に視線を落とすように。
さあ、今日はどのお料理に致しましょうか。

★★★ Excellent!!!

ステッキで魔法かけてるみたい!幻想的です!!指摘が出そうなちょっと怖くて暗いのもあるけど、詩的で素敵でステーキくらい豪華なお話!行きつけのお店として予約してきた!

どこか懐かしいあめっこやジャムもあってどれから食べるか悩んじゃう。作り方がまた面白いし、ちょっとやってみたくなる(笑)

★★★ Excellent!!!

まるでお品書きのように並ぶエピソード。
まずは気になる品をクリック(タップ)してみてください。

単語だけを見れば食べられない(!?)と思うものも、
文章を読んでいくうちにあら不思議、美味しそうな料理に大変身!

こんな調理の仕方があったなんて! 驚きました。
あなたもぜひ、幻想の味に酔いしれてみてください!

★★★ Excellent!!!

 柔らかい文章でつづられた存在しない料理の数々。ぞっとするような食材もありますが、それでさえ美味しく美しく仕上げてしまうのはひとえにこちらのシェフの腕前。
 どこか近所の狭い路地に、こんなお店があったらいいのに。あったらあったで、お財布が空になるほど通い詰めてしまいそうですが。