灯籠の村

作者 てるま

10

4人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

旅行中、偶然が重なってとある村に立ち寄った大学生の拓海と茂木。

その村でもてなされ、なんだか夢見がちになっている二人ですが……。

いや、良く考えて、と警告したくなるのは、私が女だからですか?
このお話。
男性が読むと、別の風景が見えますか?

私の目に今から映ろうとする風景は、とても禍々しく、そして恐ろしいような気がしますが。

男性諸氏の目にはいかが映りますか?

この作者様は『コメディ』が大変お上手で、私はそちらの作品からファンになりました。
『イヤホン』など、ホラー要素のある作品がありますが、がっつりホラーカテゴリは今回が初めてではないでしょうか。

コメディがお上手な方はホラーもお上手。
今後の展開に眼が離せません。

★★★ Excellent!!!

主人公たちが、山奥で一人の女性を助けたことから、村でおもてなしを受ける。

でも、それは「なんでそこまで?」という疑問を感じる。

帰ろうとする主人公たちを引き止めるふたりの少女。

会話の節々に残る謎。

続きが気になります!