君想フ銀ノ雨 君慕フ金ノ庭 【総集編】

作者 桜井今日子

41

14人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

読み終えた後、溜息をつきました。

やっと呼吸が出来たという方が正しいでしょうか。

物語に描かれているのは禁断の恋。
兄妹の尊い想い。

ライトノベルにありがちな"ニヤニヤ、ムフフ♡"の妄想を楽しむよう内容ではなく、
完全なシリアスものです。



叶わぬ事がわかっているからこそなのか、
これほどまでに狂おしい愛を叫び綴った物語を始めて読んだ気がします。


とにかく熱量が凄い。

その想いの強さに圧巻させられました。


幾度もの雨を浴びても、
幾年月もの季節が移ろっても、
頑なに開くことのなかった蕾がやっと花開いたのに、
そのひとひらはまるで散る時を知っているかのように儚く、

されど秘めたる情熱は冷める事のなく、
むしろ存在価値すらもお兄様との思い出が全てとも取れる彼女にとっての幸せを思うのなら、冷ます必要などなく、

覚ます権利など誰にもない。
ましてやそれが交わる事のなかった両想いであったのなら…。


あゝ、これ以上は語るまい。

読んで貴方様自身の心で感じるのが宜しいかと。


私は鳥肌が立ちました。


そんなとてつもなく途方もない切なさに、
物語の最期を締める挿入歌が敢えて、


"瀬をはやみ 岩にせせかる 滝川の"


までなのがまた何とも胸に染み入る恋慕の物語です。

★★★ Excellent!!!

読めばすぐに分かるはず、なんか美しいんです。
文字を読んでいるだけのはずが美しい光景が目の前に現れまして、自然と物語にぐいぐい引き込まれて……ちょ、ちょっと待って、なにこれ? なにかが胸の奥にひかかって、切なすぎて、涙が……となるのでティッシュやハンカチが必須となります。
恵子と秀一郎ともに想いを胸中に抑え込み、静かに互いを想い合い……哀しい愛の形に涙し、時代が違えばと何度も思ってしまうのです。
最後の最後まで涙腺崩壊になりますけど、静かで美しい素敵な物語でした。

★★★ Excellent!!!

季節の花々が息づく庭。優しく降り注ぐ雨。
そんな美しい光景に見守られ、恵子と秀一郎の二人はともに成長していきます。
それと同時に、密やかに膨らんでいく一つの想い。

恵子の秘密を知りながら、どこまでも彼女の幸せだけを願った秀一郎。
真実を知り、自らの思いを自覚して悩み苦しむ恵子。
一度は裂かれた二人の想いは、けれど最後には――。

恵子の切々とした心情を中心に、哀しく、けれど美しく綴られた真実の愛の物語。
ぜひともご覧ください。

★★★ Excellent!!!

知らされてしまった秘密。
知らされなければ、知らされなくとも、心を支配していく想いの苦しみ。

ですが、苦しみにはいつか終わりがあり、終わりの果てに待つのはきっと、それぞれの苦しみや想いしか知ることのない、辿り着くことが出来ない世界ではないでしょうか?


現実と夢物語の中で待つその瞬間が、ふたりを包み込みますように……

★★★ Excellent!!!

この物語は、作者様の『君想フ銀ノ雨 君慕フ金ノ庭』と『金の庭に降る銀の雨』をひとつにまとめ、新たなエピソードを追加した総集編となっています。

私は既に前述のそれぞれの短編は読んでいたのですが、改めて連続したひとつのストーリーとして読むと、より切なさがこみ上げてきます。

もともと独立した短編だったので、前半部分で結末が描かれています。
その結末を、知った上で後半を読むことで、切なさ、悲しさ、虚しさ、なんともやりきれない辛い感情が湧き出てきます。

新たに追加されたエピソードも、幸せなはずなのに、とても悲しいです。

登場人物の感情表現がとてもきれいで、短い言葉なのに、短い言葉だからこそ、ストレートに伝わってきました。

せび読んでみてください♪

★★★ Excellent!!!

兄である秀一郎と、養女としてやってきた妹の恵子。兄弟として慕い合う初々しいふたりは、成長し、やがてお互いを一層深く想い合うようになり——
そんな、清らかで美しい兄弟の心の変化と直面する現実、そして苦しいほどに切ない結末までを描いた、作者の作品『君想フ銀ノ雨 君慕フ金ノ庭』。この作品は、その総集編としてまとめられたものです。

涙が抑えられないほどに深く、痛々しいほど清らかなふたりの想い。運命に逆らうことのできないやりきれない悲しみに、作者は総集編において暖かな物語を書き加えました。本作品を最後まで読んで初めて、秀一郎と恵子の全てを見届けた安らかさを味わうことができます。

人を恋すること。愛すること。その甘さも苦しみも、喜びも……ひとを想う尊さを余すところなく堪能できる、心を強く揺さぶられる物語です。

★★★ Excellent!!!

名作、『君想フ銀ノ雨 君慕フ金ノ庭』を新たに組み直した一品。
良い物語は、何度拝読しても新たな発見があります。
けっして実らぬ想いを、美しい文章で描かれている分、読むひとの心を打ち震えさせます。
今作はさらに追加された物語があるのですが、悲しさゆえに流れる涙を覆うように伝う涙は別の感情が生まれたからなのです。それをぜひ体感してください。想いはいつの日にか、必ずかなうもの。そう信じさせてくれる物語です。

★★★ Excellent!!!

切ない、切ない。恋のお話です。

美しい花々に彩られたふたりの庭。
苦しい胸の内をそっと包み隠す、雨の音。

色づく季節に。
芽吹き香る花たちに。
時に烈しく、時に優しく降る雨に。

兄妹の心を映して――


今よりももっと、いろいろなものに縛られていた時代。
美しい庭に咲いた、密やかな恋を。
どうぞ見届けてあげてください。