ルクトニア領百花繚乱円舞曲

作者 武州青嵐(さくら青嵐)

王様の恋は止まらない!

  • ★★★ Excellent!!!

アレクシアは必要以上に自己評価の低い娘でした。
麗しい乙女であり語学は堪能にして剣術体術の達人なのに、自分は不器量で取り柄が無いと思っています。

そんなアレクシアの魅力に一目で心を奪われたのが、一国の王子として生まれながら、政敵の目を逃れるために女性のふりをして、不幸で複雑な生い立ちに性格がやや歪んでしまった王子ジュリア(本当の名はユリウス)でした。

二人は恋に落ちますが、ユリウスを慕うが故に恋に躊躇うアレクシアの愛らしさと、愛情表現が直球過ぎて相手を戸惑わせるユリウスの一途さが読者をヤキモキさせます。

果たして王国と二人の運命は……。

まるで歴史物語のようなジュリア(ユリウス)と仲間達の活躍が痛快にして爽快です!


* * *

書籍化された<ルクトニア領繚乱記 猫かぶり殿下は護衛の少女を溺愛中>は、この作品の一世代後の時代を描く作品です。なので、両方読むと感動が百倍に深まります。あのときのあの人の名台詞が次の時代へと受け継がれてゆく奇跡を是非堪能してください。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

来冬 邦子さんの他のおすすめレビュー 262