「秋山が立たされた理由」欄のある学級日誌

作者 如月 仁成

110

39人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!


 一日一話のとても楽しい学園もの。

 ただし漫画「男組」と同レベルで「なにしに学校行ってるんだ!」という内容。学生諸君は決して真似してはいけない。

 短いお話で、毎日一シーン、学校の日常が語られている。ただし、ラストは毎回お決まりの「秋山、立っとれ」。
 まるで一日一回ペースで悪代官懲らしめる水戸黄門さまみたいで、ある種の安心感がある。

 突飛で愛らしいキャラクターの穂咲ちゃんと、彼女を大事にしている秋山くん。

 二人のほのぼのストーリーをゆるーくお楽しみください。

★★★ Excellent!!!

笑いから始まり微笑んで終わる。
見事に組み立てられた物語に、笑うまいと思ったのですが……無駄な抵抗でした。ちくしょう、最高だよ!

読了後のこの清々しさ、ありがとうっ!もう、満足しかありません。目玉焼きの実験に腹よじれながらも、胸が暖かい気持ちで一杯。

大変、おいしゅうございました。
花も目玉焼きも秋山が立たされる理由も全てがストンとまとまりました。

あぁ、秋山がイケメンすぎる。
こんなキャラクターたち、隙にならない訳がありません。

★★★ Excellent!!!

タイトルから予感させる設定に惹き付けられて、読み始めました。

良い雰囲気と、良い描写。良い人物たちと、良い台詞。
どれをとっても、魅力的です。

僕は、特に雰囲気が好きです!

ぽかぽかとした、晴れた道を散歩しているかのような気持ち。

もっと散歩を続けたいなと思うんですが、物語りは終わってしまいました。

またこの道を散歩出来る日が来ることを祈っております。


にぎた

★★★ Excellent!!!

いやー、秋山君いいなあ、ツンなのにデレっと優しい。
僕も曼珠沙華でも女郎花でも何でも頭に挿すので一緒に目玉焼き作ってくれるかしらん、とゲハゲハ笑いながら読んでいたら、ラストはよもやの!

ずーっと思っていることなんですけど、笑いを書ける方はシリアスも書けるんですよね。
その逆は必ずしも成立しないのに。

後味よく笑わせて頂きました。★はみっつでお願いします。

★★★ Excellent!!!

ほっこりや楽しい…という言葉だけでは足りない優しさと面白さが詰まった教室です。

教室に入ると緩い笑いに包まれるのですが、やがて笑いだけではない優しさやじんわりに包まれていくのです。

誰もが楽しみなお昼休みには、目玉焼きが食べたくなる(時と場合によっては、怖くなるかも⁉︎)教室。
卒業なんて出来なくてもいいや……なオススメな教室ですよ。

是非皆様もご一緒にですっ。

★★★ Excellent!!!

隣の幼馴染みの女の子をアホだバカだと言いながら、
構って構って立たされる秋山くん。

こういうのを腐れ縁というのでしょうか、机と机の距離感が
心の距離感に比例しているのが笑えます。

三分でひと笑いとありますが、最後の方は泣けてきます。
花言葉って色々あるんですね。

個人的には随時挿入される卵焼きのお話が大好きです。
一話三分、ぜひご堪能下さい。

★★★ Excellent!!!

花より団子とはよくいったものですが、こちらでは花も目玉焼きもショートショートの具材として平等に混ぜ込まれ、完成したのは恋心躍る学園生活の百花繚乱と、刺激的な食レポのフルコースなのであります。
ひたすら楽しく時たまシリアスな、飽きの来ない日常系連作ショート。自分は休日に一気読みしていましたが、ラブコメのエッセンスを摘み食いできる贅沢に感謝しつつも、平日毎朝更新という日々のお弁当作りを思わせる驚愕の姿勢にはまことに恐れ入るばかりです。なんという情熱なのですか……!

花粉症持ちも卵アレルギーの方もご安心ください、そして活字アレルギーの方にこそ、是非とも読んでいただきたいのです!

★★★ Excellent!!!

『今日もバカ丸出しだ。』

自分でもナゼかよく分からない。
しかし、このフレーズが、わたしの心に突き刺さった(笑)

内容はライトな感じのショートショート。

テンポが良くてスラスラ読めます。
それでいて、内容は濃くて愉快。楽しい気分にさせてくれます(*´ω`*)

短時間で読めるので、ぜひご一読を。

★★★ Excellent!!!

読んでいてホクホクと心が温まり、楽しく優しい気持ちになれる、そんな素敵なラブコメです(❁´ω`❁)

タイトルどおり、今日も今日とて授業中に立たされる主人公の秋山君。
彼の隣にはデフォルト15cmの距離を開けて机を並べる幼なじみの穂咲ちゃんがいるのですが、彼女がまあ、文字通り頭に花の咲いたド天然の女の子。

ずっと一緒にいたから、もはやお互いへの想いは説明し難いものになっていますが、お互いをとても大切に思っていることは楽しいコメディの中からもひしひしと伝わってきます。
天真爛漫な穂咲ちゃんも、彼女を大きな愛で見守る秋山君も、本当に可愛くて素敵✨

思わずクスリと笑い、そしてほっこりと微笑んでしまう、やわらかな空気にあふれた教室へあなたもどうぞ入ってみてください♬
今ならもれなく絶品目玉焼き(あんこ&タバスコ味)もついてます(笑)

★★★ Excellent!!!

優しい男の子と、可愛い女の子のラブコメディ♡

常軌を逸脱した設定と、安定のオチが見事に融合した一品。
バカバカしい程愛おしい。
ショッパイ目玉焼きが切ない。
立たされる理由には納得がいかない!(笑)

それでも、道久君は今日も立っている。

★★★ Excellent!!!

この筆者の手にかかればどんな主人公も不遇はまぬがれませんが、今作はまだ、ましなほう。

もちろんその不遇は筆者さまの愛情の裏返しでして、あたかもドクロちゃんみたく主人公を撲殺しようとしてしまう筆者の愛の前では抵抗する気も半ば失われているというか、わりかし口数が少ない秋山君です。

この、最終的には輝く秋山君ですが、毎回測定されるヒロインとの机の距離感が非常に微妙なところを突いておりまして、恋人というよりも家族として、保護者として、男らしく耐えるところは耐え、あきらめるところはあきらめ、辛抱するところは辛抱するという、ある意味すがすがしさすら感じる尽くしっぷり。作者の思いがここにも伝わってきます。(授業中、主人公に勉強なぞさせてたまるか! という……)

そんな彼を大差で突き放す、かわいい穂咲ちゃんの魅力がいっぱい詰まったお料理コメディ、とくと御笑覧あれ!

★★★ Excellent!!!

幼馴染みのふたりの席は隣同士。
ゆるふわロングの藍川穂咲ちゃんの髪は毎日可愛らしく纏められ……有り得ないテンションで花が「活けられて」います。
隣の席の秋山くんは、呆れつつもとても優しい目で穂咲ちゃんを見つめていて……
授業中でもついつい構ってしまうから、クラスの日誌に「秋山が立たされた理由」欄があるくらい。
きっとあなたも毎朝のふたりの机の距離と、穂咲ちゃんが飾る花の意味が、気になってしょうがなくなるはずです。
そしてもうひとつ。ふたりが追い求める「謎」も。
先生もいい味出しています。

さて。今日の秋山くんは、どうして立たされたんでしょうね?

★★★ Excellent!!!

まずその個性的過ぎるキャラクターに引き込まれます。
淡々と進む物語に、どこでギャグを差し込んでくるのかなぁと思った時にはもう遅い。
見えない爆弾を直撃させられるように不意にやってくるのです。

物語の完成度は、シンプルにまとめあげられている為非常に高いです。
ギャグは花言葉を上手く用いており、ネタの宝庫と言ってもいい。
たまにあるシリアスも深すぎず、優しい世界が広がっております。


きっと多くの方の頬を緩ませてくれるでしょう。ギャグ物ではダントツおすすめ出来る作品です。

★★★ Excellent!!!

授業中の私語厳禁
発見次第厳重に処罰

花の知識がある、もしくは自身で調べるなど探究心があればより理解が深められる。

目玉焼きの味付けには寛大な見解が必要。

生花を挿してのヘアアレンジや被り物での登校は許可。

編入、聴講希望者は当校まで。
入学試験等特になし。
予約不要。平日開講中(^_−)−☆

★★★ Excellent!!!

授業中でもお構いなしに繰り広げられる変人幼馴染とのあれやこれや。
かの涼宮ハルヒをも上回るトンデモなヘアスタイルで毎日登校し、となりの関くんもびっくりな一人芝居を繰り広げるヒロインの穂咲ちゃんのキャラがとても可愛くて、主人公のヤレヤレ目線を通じて読者は思わずニヤニヤしてしまうこと請け合い。
穂咲の遊びに巻き込まれて結局自分だけ廊下に立たされる主人公の諦観が、もはや様式美として作用していて、頭をカラッポにして読めるちょいラブ・コメディとしてとてもグッドです。