憑依騎士道 ~幽霊の力を借りて民と国を救います~

作者 伊乙式

58

23人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

憑依や幽霊に因んだ作品は数あれど。
久しぶりに泣かされた作品がここにあります。

まずは人物描写。
どのキャラクターも性格・感情ともにしっかりとした個性があり
作品の中で生き生きとしています。
異世界転生によくある、ずば抜けたチート能力やルール無用の
ご都合主義はなく、魔法やモンスターも出てきませんが
物語の世界観、登場人物それぞれにしっかり作りこまれた設定。
これらがしっかりまとまっているので、感情移入がしやすく
この作品の魅力は十二分に発揮出来ていると思います。

安易に力に頼らない勇気と強さ、挫折しそうになっても
周りから支えられ、周りを支える少年の成長がとても好ましく
本当の意味での勇者像とはこうであると教えてくれる作品だと思います。

特にそれぞれキャラクターの感情表現がとても上手く
読み手の私もついつい感情が昂りホロリと泣いてしまったシーンも。
ネタバレになってしまうので詳細は触れませんが
子を持つ父親の葛藤は特に共感しやすかったので
涙ぐんだ後に「してやられたぁ~」と悔しかったです(笑)

戦闘シーンや陰謀・策謀の演出もうまく描かれていますので
読み手が置いて行かれることもなく、
最後まで読みきってしまいました。

もし書籍化されたなら購入したい作品です。
素敵な作品に巡り合えたことに感謝します。

★★★ Excellent!!!

良い物語は、いつまでもその世界に浸っていたくなるような魅力があります。私にとっては本作がそうでした。

主人公は、死んだ人間(霊)の声が聞こえ、その能力をみずからに憑依させて使うことができる。そのことが彼を、物語の中心、つまりゼスペリア州の領主となるはずだった女性と、その妹のもとに導きます。そこからはじまる物語はまさにバトルあり、陰謀あり、ばっちばちのラブあり。描写は臨場感がありつつも丁寧で、読者が置いていきぼりになることがありません。

まわりの女性がみんな男性主人公を好きになってしまうという、いわゆるハーレム要素もありますが、まっすぐに頑張る主人公を応援する姉のような気持ちで受け止められます。ヒロインも、ヒーローも、あるいは悪役や脇役ですらも、それぞれの役割を精いっぱいに果たしきろうとする気概があり、それが読者に伝わってくるのではないでしょうか。

悩み、戦い抜いたからこそ得られる結末のカタルシスを、ぜひ一緒に体感してください。

★★★ Excellent!!!

真っ直ぐな主人公とヒロイン。でもヒロインが最初から死んでいて、救済措置もないハードさ。そこがいい。未練を残した死者たちも、キャラクターがしっかりしていて、物語に奥行きを加えてくれる。戦争の裏で蠢く裏切りと陰謀が常にスリルを持っていて、ハラハラさせながら読み進めさせる。とてもおもしろい。

★★★ Excellent!!!

ある日、異世界転移してしまった主人公ユキト。
彼が異世界で初めて出会ったのは、女騎士の幽霊だった。

そんな出だしから始まるこのお話。
タグに『異世界転移』とあるので、ラノベ的な軽妙でふわふわした展開を予想していたのですが……。

もう、あっさりと裏切られます。

がっちりと構築された世界観。綿密に準備されたストーリー展開。そして、魅力的な登場人物達に序盤から心をわしづかみにされました。

主人公を含む登場人物達は、さまざまな陰謀、計略、読みあい、欺しあいをくぐり抜け、必死で自分たちの領土を、民を守ろうとします。

当然命をかけた武力行使もあり、そのシーンは圧巻。女性も男性も、剣や槍を振るって戦う、闘う!

女の子キャラの魅力については、別の方がレビューで紹介されていますので、私はこの主人公ユキトを是非推したい!

純粋で、まっすぐで、そして鈍感。ええ、ここが重要ですよ。自分に好意を抱く女性に鈍感な主人公。鈍感。大切です。いいですね。そしてそこが、可愛らしい。
決断力もあり、行動力もあり、異世界の人間とも価値観をすりあわせられるコミュ力の高さ。
もう、目が離せません。もちろん、今後もこのお話を追わせていただきます。

一度読み始めたら止めることが難しいジェットコースターストーリー。是非、ご一読を!

★★★ Excellent!!!

この物語は、現代社会で暮らす普通の少年が異世界に転移するところから始まります。
ちょっと変わっているところは、主人公ユキトは霊感が強いという男の子。異世界転移で最初に出会うのも
女騎士の幽霊さんという変わった出だしです。
二人は出会いから緊急事態に巻き込まれ、霊視とは別の能力「憑依」に目覚める……
そして物語は目まぐるしく展開し、複雑な人間関係が入り乱れ、数々の謎と伏線が読者に提示されながらもどんどんスケールが大きくなっていきます。
緻密な設定と戦闘描写に加えて、二重三重に張り巡らされた計略や陰謀を乗り越えてもまだ続く予想外の流れは本当にハラハラさせられますし、どうしても先が気になってしまう!
他のレビュワー様達も仰っている通り、本作の見どころは読み応えのある濃厚な物語にあるといえます。
キャラクターもとっても魅力的で、どの女の子も可愛いのですが、それも他のレビュワー様が言及されておりますので別のことをご紹介しようと思います(ちなみに推しはルゥナさん)

本作の魅力は決してハラハラ感だけではありません。感動のストーリーもたくさん詰まっています。
未練を抱いた幽霊は現世に留まり、その場から動けなくなるという設定があります。未練を叶えたくても、誰とも話せないし動くこともできない。未練を諦めない限り、ずっとその場に一人ぼっちでいなければいけないという悲しい状況が作られています。
その幽霊たちの未練を叶えるために主人公ユキトは奮闘しますが、心残りというだけあって一筋縄ではいかない問題ばかり。
親子の確執、姉妹の愛情、大好きな異性への恋心……読んでいてとても切なくなります。
でも、誰かの手で想いを伝えることができれば、こんなにもいい別れになるんだなと、じんわり涙腺が緩みます。
数々の感動をぜひその目で確かめてみてください!

あと、本作は完結していますが、作者様の発言を見るにどうや… 続きを読む

★★★ Excellent!!!

騎士と幽霊、内政とファンタジーという、読んでみたいけれど情報が膨大すぎて恐らく私には書けずじまいになるだろうしレビューでも書ききれないであろう、かなり緻密に考えつくされた世界観と伏線。
――も、もちろん素敵なのですが、それ以上に私が推したいのは、やっぱりキャラクターたちが生き生きしているところです。

主人公ユキトの送り込まれた世界は戦場で、しかもユキトは元から幽霊が見えるという体質。とっても殺伐とした世界ですが、その中で死者を通して(なにせ最初に知り合ったのが幽霊)生者を観るユキトと、生者しか見えないけれど死者を蔑ろにしない周囲にいる人々の視点や会話がとても優しい。様々な人が様々に想い考えながら生きているお話は、すごく魅力的だと思います。

特に女の子がいいんです!! メインヒロインであるルゥナ(幽霊、騎士)、その妹のジルナ(為政者、科学者)、アルル(手工業者の娘)など、私の推しはとりあえずこの三人ですが、他にも魅力的な女性がいます。皆が自分の力で、自分が出来ることを探していく姿がとても素敵です。


こういうお話は基本的に男性向けなのかもしれませんが、十代の女の子こそ読んで欲しいです。