憑依騎士道 ~幽霊の力を借りて民と国を救います~

作者 伊乙志紀

緊張と感動が両立する異世界転移ファンタジーの名作です!

  • ★★★ Excellent!!!

この物語は、現代社会で暮らす普通の少年が異世界に転移するところから始まります。
ちょっと変わっているところは、主人公ユキトは霊感が強いという男の子。異世界転移で最初に出会うのも
女騎士の幽霊さんという変わった出だしです。
二人は出会いから緊急事態に巻き込まれ、霊視とは別の能力「憑依」に目覚める……
そして物語は目まぐるしく展開し、複雑な人間関係が入り乱れ、数々の謎と伏線が読者に提示されながらもどんどんスケールが大きくなっていきます。
緻密な設定と戦闘描写に加えて、二重三重に張り巡らされた計略や陰謀を乗り越えてもまだ続く予想外の流れは本当にハラハラさせられますし、どうしても先が気になってしまう!
他のレビュワー様達も仰っている通り、本作の見どころは読み応えのある濃厚な物語にあるといえます。
キャラクターもとっても魅力的で、どの女の子も可愛いのですが、それも他のレビュワー様が言及されておりますので別のことをご紹介しようと思います(ちなみに推しはルゥナさん)

本作の魅力は決してハラハラ感だけではありません。感動のストーリーもたくさん詰まっています。
未練を抱いた幽霊は現世に留まり、その場から動けなくなるという設定があります。未練を叶えたくても、誰とも話せないし動くこともできない。未練を諦めない限り、ずっとその場に一人ぼっちでいなければいけないという悲しい状況が作られています。
その幽霊たちの未練を叶えるために主人公ユキトは奮闘しますが、心残りというだけあって一筋縄ではいかない問題ばかり。
親子の確執、姉妹の愛情、大好きな異性への恋心……読んでいてとても切なくなります。
でも、誰かの手で想いを伝えることができれば、こんなにもいい別れになるんだなと、じんわり涙腺が緩みます。
数々の感動をぜひその目で確かめてみてください!

あと、本作は完結していますが、作者様の発言を見るにどうやら続きがありそう……?
密かに、書籍化とかして続きが出ないかなーなんて、考えています。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー