憑依騎士道 ~幽霊の力を借りて民と国を救います~

作者 伊乙志紀

道士の「道」とは、自分の道を往く事と見たり。

  • ★★★ Excellent!!!

死者の声を聞き、憑依させる事の出きる少年は異世界の、歴史の大きな唸りの中に身を投じていく事になる。
その隣に立つのは、死者となりながらも国と民を愛する誇り高き少女騎士。

魅力的なキャラと、小気味よい展開。
是非、一読を!

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

白河律さんの他のおすすめレビュー 18