トイレで読む、トイレのためのトイレ小説

作者 雹月あさみ

トイレ、それは人の日常に寄り添う存在

  • ★★★ Excellent!!!

トイレをテーマにした短編集。最初は、んなアホなと思っていたんですが、とんだ勘違いでした。私たちはトイレなしには生きていかれません。人の日常を切り取るにあたって、トイレほどの適任者はいなかったのでした。トイレを通した人間模様、そこには多種多様なドラマがあります。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

白里りこさんの他のおすすめレビュー 276