ウェイトレス・ミオの異世界スポーツバー「イギーダ」繁盛記

作者 叶 良辰

「俺達は!?」「「ナンバーワン!」」 GO! GO!ブラウザーバック!

  • ★★★ Excellent!!!

異世界で行われている「フッボル」という競技。
それは、どうやらこちらの世界のアメフトに似ています。
各国に正式なスポーツチームがあり、選手達は国を背負って戦っています。

そのスポーツチームの一つ。
『ノールランド・ブラウザーバック』の快進撃を綴ったのが、この物語です。

私自身、スポーツと言えば屋内競技歴が長く、正直屋外でする競技なんてルールがほぼ分かりませんが……。

いや、これ。
面白いですよ。

主人公で、スポーツディレクター兼選手兼ウェイトレス兼アイドル兼(その他諸々)の、ミオの解説がうまいので、競技の描写にはぐいぐい引き込まれます。

ルールを知らなくても、観客席に座って「うおおおおおおっ! 走れぇぇぇっ」と選手に叫んでいる気分になります。

スポーツというのは、国や法律や人種や差別をとっぱらって、一時的に共通のルールの中、同等の条件のもと、公平に行うものだと思っています。

だから、熱くなるんですよね。
ドラマも生まれます。

そして。
本当に、『平和』があってこそ、スポーツって楽しめるんですよ。そんな当たり前のことに気づかされました。

スポーツで、勝敗にこだわった経験がある方。
このお話。
お勧めです。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

武州青嵐さんの他のおすすめレビュー 268