箱庭のティターニア

作者 青柳朔

世界観に惹かれます

  • ★★★ Excellent!!!

妖精と人間世界の関わり合い方が、残酷ながらも見事に溶け込んでいるように感じました。
私たち人間は人間の残酷さをよく知っているからこそ、妖精を鑑賞品として扱うことにある種のリアリティを感じるのかもしれません。
短編だけに、魅力的な世界観が凝縮された作品だと思います。
悲しくも幻想的な美の世界に足を踏み入れてはいかがでしょうか。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

桂木 狛さんの他のおすすめレビュー 4