このひと、異世界に飛ばされて来たのに全然気づいていません。

作者 早瀬翠風

猫! 猫の魅力たっぷりの優しいファンタジー!

  • ★★★ Excellent!!!

主役は猫!って書きたいところですが、人間ももちろん出てきます。
というか、主役は一人の青年。

誰もいない街に迷い込んだ彼は、そこで猫たちと出会います。
人間臭くも有り、やっぱり猫らしい可愛らしさも有り。
時に生意気だったり、人情(猫情)にあふれてたり。

異世界(日帰り)ファンタジーの枠組みを使いながら、猫との交流をたっぷり堪能させてくれるお話です。
流血や残酷表現は有りませんので、リラックスして少しずつ読み進められます。

猫たちのリーダーが銀二、彼はなかなかの男気の持ち主です。
こいつに任せておけば大丈夫!といった安心感があり、彼の視点で語られるパートは、この小説の一押し部分です。
渋カッコいい銀二、でも、モフられると弱い猫なんですけどね。

このお話はシリーズ化されていて、『銀二の日記』→『にゃんこの異世界ぴくにっく大作戦!』→『たいちょーはご立腹です。』と続きます。

他のレビュアーさんも書かれていますが、猫好きの方はぜひご一読を!

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

高羽慧さんの他のおすすめレビュー 334