このひと、異世界に飛ばされて来たのに全然気づいていません。

作者 早瀬翠風

91

34人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

主役は猫!って書きたいところですが、人間ももちろん出てきます。
というか、主役は一人の青年。

誰もいない街に迷い込んだ彼は、そこで猫たちと出会います。
人間臭くも有り、やっぱり猫らしい可愛らしさも有り。
時に生意気だったり、人情(猫情)にあふれてたり。

異世界(日帰り)ファンタジーの枠組みを使いながら、猫との交流をたっぷり堪能させてくれるお話です。
流血や残酷表現は有りませんので、リラックスして少しずつ読み進められます。

猫たちのリーダーが銀二、彼はなかなかの男気の持ち主です。
こいつに任せておけば大丈夫!といった安心感があり、彼の視点で語られるパートは、この小説の一押し部分です。
渋カッコいい銀二、でも、モフられると弱い猫なんですけどね。

このお話はシリーズ化されていて、『銀二の日記』→『にゃんこの異世界ぴくにっく大作戦!』→『たいちょーはご立腹です。』と続きます。

他のレビュアーさんも書かれていますが、猫好きの方はぜひご一読を!

★★★ Excellent!!!

ほのぼの、のんびり。
状況は結構切実で、異世界に迷い込んだ男は食べるものもなく、誰もいない世界は静まり返っていてホラーチック。
な、はずなのに。この人異世界って気づいていません!!

そしてそんな彼を囲むにゃんこちゃんたち。
隊長といい、猫たちの言動にはおおいに癒されます。
罠の木に気をつけろ!

猫ちゃんたちの一風変わった異世界で、猫好きな人もそうじゃない人も是非癒されて行って欲しい。そんな作品です。

★★★ Excellent!!!

主人公は気が付いたらもう猫の世界にいました。

可愛い銀二さんや小太郎さんたち。

男は、寂しい世界に癒しを求めていました。

その男には、猫の言葉はなかなか通じません。

途中、とても哲学的な課題に当たります。

その時、心が通じることが起きたのです。

生きているって、生き物っていいなと思いました。

そして、帰れるのか、かなりはらはらしました。

オススメです。

★★★ Excellent!!!

童話のような優しいタッチとにゃんこの可愛さ。
不思議でにやりとする世界観とにゃんこの可愛さ。
愛すべき、呑気な主人公と、そしてにゃんこの可愛さ。
いくつもの魅力が詰まった、小さくて大きな冒険はにゃんこの可愛さ。
心の機微が子細に表現された丁寧な文章に思わずにゃんこの可愛さ。
とまあ万の言葉を重ねようとも、結局はこの言葉に帰結するほどのにゃんこの可愛さ。

いくつものシーンが脳に刷り込まれました……。
扉を押さえて「まじか!」って顔がたまらんです……。

通じない言葉。切ない心情。可愛くて、呑気で、そして必死な大冒険。
日々に疲れやストレスを感じられている皆様、当店自慢の『うにゃーとれす』が、きっと皆様を癒しますにゃ^^♪

……はっ!? 全員、『うにゃーたー』だった!

★★★ Excellent!!!

酔っ払って終電から降りて寝てしまい、起きて見たら誰一人居ない不思議な町だった。異世界トリップというよりはホラーな状況。
でも、主人公は気付かない。なぜなら、猫たちがいるから。
猫に心癒やされつつ、町を歩き回る。
そのうち、何だか変だと思いつつも、猫がいるから何となく流されて。

そんな主人公を見守るのは、猫たちのリーダー銀二。本作のツンデレヒロイン(雄)です。最初は主人公を警戒しつつも、やがてそのテクニックに堕とされ、快楽に身を委ねてしまうのです(←間違えてないけど非常に語弊のある表現)。そして、主人公の身を案じるようになり、何とか元の世界に返そうとするのですが……

言葉が通じず、すれ違いながらも、何となく仲良くなっていった彼らが、果たして最後にどうなったのか。ぜひ、ご覧ください。

★★★ Excellent!!!

こんな異世界に行き来できるなんて羨ましすぎる!!

……と猫好き、動物好きの方が悶絶しそうな異世界転移ストーリーです(^^)

酔っ払いながらも終電前の駅までは辿り着けたはずの主人公。
目が覚めた時には某アニメのガキ大将よろしく土管の上にいて、周りはぎっしりと猫に囲まれていた──

こんな状況、混乱はしても異世界に飛ばされたなんて思うわけがありません(笑)
家もあり、道路もあり、街灯もある。
そんな中で自宅へ戻ろうとする主人公ですが、微妙に違和感のある環境に徐々に絶望と空腹が襲ってきます。
そんな彼を癒してくれるのが、鯖トラの銀二をリーダーとする猫の集団。
彼らは初めての快感を与えてくれた(笑)人畜無害のこの男をなんとか助けてやりたいと思うようになります。
しかし、猫達の言葉が理解できない主人公は、自分の置かれている状況が飲み込めないまま。
それでも、ほっこりするような微妙にズレた意思疎通をしつつ、猫達の協力を仰いで元の世界へ帰ろうとします。

帰れないという危機感以上に猫達に癒されてしまうのは、主人公だけではありません(*^_^*)
もふもふの行列待ちや、甘噛みする子猫などの情景に癒されながら、ちょっぴり不思議な町並みを銀二たいちょー達と散策してみませんか?

★★★ Excellent!!!

突然、異世界に飛ばされた主人公。
異世界と言っても、現実世界とほぼ変わらないよう。
ただ、そこにはにゃんこがいて、言葉は通じなくて……。

しかも「罠の木」なるナゾの木があるのです。

ネタバレになってしまいますので詳細は述べませんが、「罠の木」という名前をつけた理由を知ると、あぁ確かにこれは「罠の木」だ。と納得します。
また、それと同時に「罠の木」というネーミングがすごくキュートに思えます♪
見る視点が異なると、罠になるのだなぁと感じました。

そして、キュートなのはやっぱりにゃんこっ!

たくさんのにゃんこたち。

そして猫同士でお話をします。
んーっ! かわいい♪


にゃんこに癒されたい方におすすめです♪

★★★ Excellent!!!

男の目覚めた場所は、とっても不思議なところ。
人も車も見当たらず…とりあえず猫ばっかりの国!!

その場所をよく知れば知るほど男は戸惑うけれど、周りで彼を支える逞しく愛らしい猫たちとの絆、特に「たいちょー(=ボス)」である銀二との愛は深まっていく。
そんな、ふわっとした夢の中のような異世界へ迷い込んでしまった男と猫の暖かくて不思議な交流を描いた、優しい温かみのある作品です。
猫の世界で生きる彼らの強さ、そんな彼らから見た人間の滑稽さがとてもコミカル。そして、彼らを待っているちょっと意外なラスト…。

最後まで夢の中をふわふわとたどるような、特に猫好きにはたまらない物語。その優しい世界を、ぜひ味わってみてください。

★★★ Excellent!!!

ひょんなことから異世界に転移してしまった男性。戸惑いながらも、現地で出会った仲間と力を合わせて帰還を試みます。果たして、男性と仲間の命運やいかに。

しかしご安心を。頼りになる仲間とはねこです。かしこいねこです。
言葉は通じずともプニプニでモフモフです。
しかもチームねこです。何匹ものねこが、いいやつなのです。

こんな異世界なら転移も歓迎です。
ねこ好きの方であれば、ぜひ。

★★★ Excellent!!!

酔っ払って外で眠ってしまった翌朝、違和感を覚えて目覚めると、そこは猫だらけの空き地だった。
人っ子一人、車一台、見当たらない町で、男は戸惑いながらも猫と戯れる。

いや、戯れたくて戯れてんじゃねぇよ! と異論を挙げるのは、誇り高きボス猫、鯖トラの銀二。
危険きわまりない「手」の持ち主であるその男は、どうやら迷子らしい。
かわいそうだし、面倒を見てやることにしたのだが、あろうことか、男は銀二たちの言葉を理解しないようなのだ――。


ねこねこもふもふしてます。読んでいると、思わずニヤケます。プライドの高い猫たちの会話が、すごくいい味を出してます。

ストーリーは動き出したばかり。
続きが気になります。