このひと、異世界に飛ばされて来たのに全然気づいていません。

作者 早瀬翠風

猫好き必見!帰れない!?なのに癒される異世界ファンタジー

  • ★★★ Excellent!!!

こんな異世界に行き来できるなんて羨ましすぎる!!

……と猫好き、動物好きの方が悶絶しそうな異世界転移ストーリーです(^^)

酔っ払いながらも終電前の駅までは辿り着けたはずの主人公。
目が覚めた時には某アニメのガキ大将よろしく土管の上にいて、周りはぎっしりと猫に囲まれていた──

こんな状況、混乱はしても異世界に飛ばされたなんて思うわけがありません(笑)
家もあり、道路もあり、街灯もある。
そんな中で自宅へ戻ろうとする主人公ですが、微妙に違和感のある環境に徐々に絶望と空腹が襲ってきます。
そんな彼を癒してくれるのが、鯖トラの銀二をリーダーとする猫の集団。
彼らは初めての快感を与えてくれた(笑)人畜無害のこの男をなんとか助けてやりたいと思うようになります。
しかし、猫達の言葉が理解できない主人公は、自分の置かれている状況が飲み込めないまま。
それでも、ほっこりするような微妙にズレた意思疎通をしつつ、猫達の協力を仰いで元の世界へ帰ろうとします。

帰れないという危機感以上に猫達に癒されてしまうのは、主人公だけではありません(*^_^*)
もふもふの行列待ちや、甘噛みする子猫などの情景に癒されながら、ちょっぴり不思議な町並みを銀二たいちょー達と散策してみませんか?

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

侘助ヒマリさんの他のおすすめレビュー 550