【詩】徒然と眺める僕の心

作者 葛生 雪人

歴史の羅列 そこにはたくさんの思いがある

  • ★★★ Excellent!!!

躁と鬱が交差していると感じながら読んでいたのですが あらすじを見て納得。年が移り変わる毎に 感じた事も気持ちの持ち方も違うと言う事だったのですね。個人的には「僕の好きな街」が好きです。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

佐月 詩さんの他のおすすめレビュー 389