【詩】徒然と眺める僕の心

葛生 雪人

タルトに感謝

このもやもやした感情はなんだろう。

嬉しいはずなのに

懐かしいはずなのに


だけど今、

嬉しいよりも

懐かしいよりも


僕は何故か

ひどく戸惑っている。


夢を見る人に嫉妬しているのか、

夢をまっすぐに見られなくなった自分に失望しているのか、


僕は今、無性に戸惑って困惑して、

当てもなく、

一駅分、いつの間にか歩いてしまったことに気づいたり、

慣れないひとりカフェしてみたり。


だけど、

そんなことしたってどうしようもないんだ。


たったひとつの救いは、

ミルクティーがあったかくて、

洋梨のタルトが美味しくて、

久しぶりのゆったりした時間を味わえたこと。


まだ僕の感覚は生きている。



              ~タルトに感謝~


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます