ペルー旅行記

作者 氷月あや

歴史学者の紀行文。だから、有り触れた旅行記とは少し視点が違う。

  • ★★★ Excellent!!!

地球の裏側への弾丸ツアー。それを日記調に綴った紀行小説です。弾丸ツアーだから日程も短いし、作者もペルーを深掘りできていないので、結果的に読み易いコンパクトな作品に仕上がっている。

「深掘りできていない」とは書いたが、作者の視点は鋭い。
少し前に、作者の別作「守城のタクティックス」を読んだが、非常に面白い。中世中国の南宋を舞台にした作品なのだが、中国史に詳しくなければ書けない。しかも、娯楽作品。
「そんな作者が何故にペルーへ?」と疑問に思ったので本作品を読み始めたのだが、これが興味深い考察の連続。
ペルーを題材に作品を描くとの所信表明を最後に読んだ時には、快哉を叫びそうになった。

なお、単純に「南米行き弾丸ツアーって、どんな感じ?」と調べたいだけの読者にも参考になる。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

時織拓未さんの他のおすすめレビュー 520