第2回カクヨムWeb小説コンテスト速報

作者 romuni

228

81人が評価しました

★で称える

レビューを書く

ユーザー登録(無料)をして作者を応援しよう! 登録済の方はログインしてください。

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

★★★ Excellent!!!

――

ランキングのこととか全くわからないまま書き始めたので、すごく情報に助けられました。

評価する場所が多すぎて何で順位が決まっているのかさっぱりわからないままでした。

だからこちらのページで勉強させていただいておりました。

貴重な情報をありがとうございましたm(._.)m

さんがに★で称えました

★★★ Excellent!!!

――

な、なんだこれは……。

そんな感じの第一印象でした。

いやはや、これはもう一つの物語ではないでしょうか?
そんな感想を抱きえないほどに、作者様の観察力に感服いたします。

どのような切り口のもと、これだけの情報量を仕入れていらっしゃるのかは、甚だ疑問ではあるのですが、それにしても凄まじい。

ひとこと紹介にも記載しましたが、コンテスト応募者ならば、誰しもが目を通す価値のある、一本ではないでしょうか?

……これは余談ですが、自分の作品名を主観的に見るというのは、どことなく新鮮ですね。というより、喜々としてしまいます。

長々と失礼しましたm(__)m

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

★★★ Excellent!!!

――

これは単なる情報でなく、第二回カクヨムwebコンテストを記録し経過を物語る、珍しいタイプのノンフィクション作品だと感じました。

今回、はじめてカクヨムのコンテストに参加させて頂いていますが、そのシビアさに中々しびれながら状況を見守っています。

評価をいただいては週間上位となって喜び、しかししばらくしたら消えPVすら動かない――の一喜一憂です。それはそれで人の目に触れるチャンスを頂いているとか、あるいは現実由来の厳しさであったりとか、まぁそういう類の平等性とおもうようにはしていますが……!

その中でこの作品は、自分の居場所をおおよそ示してくれるありがたい存在です。
他の作者の作品についても、これを見ているとつい応援したくなってしまいますね。特に、インパクトのある強大な作品に対し我々が書くようなおとなしく静かな作品でこっそり上位を狙う零細作家仲間(失礼か笑)も把握でき、読みに伺ったりしたりしています。

コンテストもあと一週間ほどですね。
おそらく最後まで拝見させていただくことになると思います。それまでよろしくお願いします。

さんがに★で称えました

★★★ Excellent!!!

――

凄まじい情報量と密度と更新速度に最大級の敬意を表します。
裏方的な仕事ではありますが、こうした方のおかげでこの場所に
みんな、自分の居場所を見つけて、がんばれている部分もあると思います。
自分自身見つけた時はあまりの膨大な作業量にびっくりしてしまいました。
一体、どうやってこれをやっているのでしょうか?
ただ、少しだけ残念なのは、自分の評価の計測値が間違っている点でしょうか(数十ポイント)
でも、これだけ大量の作品を一個一個つけていたら、
それは致し方ないのではないかと思います。それよりも、
場を盛り上げるためにされている行為に、最大級のリスペクトを払いたいと個人的に思っています。
体調を壊されませんよう、ご自愛くださいませ。
ありがとう。

★★★ Excellent!!!

――

自分の作品はここに載っているのだろうか?と思い拝見したところ、ありました!お目に留まっているかはわかりませんが、書き出してもらいありがとうございます。
しかし凄まじい情報量です。毎日二回は更新されているところもすごいですね…!
これから毎日チェックしていこうと思います。2.09までぜひ頑張っていただきたい…!

★★★ Excellent!!!

――

最初は、カクヨムWeb小説コンテストのランキングとか、全くわかりませんでした。

こちらへ来て、初めて全体が、分かるようになりました。

ありがとうございます。

あまり、体に無理をなさらないでくださいね。

ぺこり_(._.)_

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

★★★ Excellent!!!

――

 他の方がレビューしておられるように、この膨大な作業量をこなす原動力は一体何なのでしょうか?

 確かにコンテストは読者選考期間内の上位勝ち残りなので、公式で提示されてない以上書き手にとってはかなり知りたい情報だと思います。

 実際私もこれをみるまでは、絶対上位1割(2割?)に残るのは不可能だろうと10万字書くの諦めようと思ってたほどです。

 もし仮に、10万字を書ききって奇跡にも最終的に読者選考を抜けられたとしたら、読んで頂いた方はもちろんですが、この方のおかげですとここに宣言します!!

さんがに★で称えました