やしゃ ひめ!

作者 星村哲生

247

88人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

 人知れず異形の者と戦う美しき女子高生……このフレーズだけでも大好物ですね!
 その女子高生こと涼子さんと妖に詳しい少年、岳臣君が物語の中心人物であり、見ていると「そのまま付き合っちゃえよ」と言いたくなる程に相性がいいと思いますね(笑)

 さて、文献を調べたと言われるだけあって、妖の種類や特徴が豊富で、なおかつ精密であります。中には見た事がない妖がいて、思わず感心してしまいますね。

 ストーリーもラブコメやらバトルなどが入り混じってて、見ていて飽きないです。特に涼子さんのお爺ちゃんは変態的で、出てくるだけで笑ってしまいます。

 美少女、バトル、ラブコメ、妖怪。どれかが好きな人にとってはおススメの小説です。読んで、涼子さんの活躍をぜひ堪能してください!!

★★★ Excellent!!!

魑魅魍魎の跋扈する現代で美しき女子高生が美しく戦う、和風伝奇アクション。

いかなファンタジーでも本格的な和ものは難解でとっつきにくいものになってしまいがちですが、この作品は世界観にすんなり入れて読みやすい。
そしてバトルは実に爽快。歯切れのよい描写が目の前にまざまざと光景を映し出し、夜叉姫の立ち回りが目に浮かぶよう。

虚たちとのバトルのみならず、コメディあり、青春あり、エロジジイあり、もふもふあり……と、これでもかと要素を盛り込んでいる贅沢仕様!(もふもふは私の趣味です。みこ&みとら超可愛い。)
旨味のある展開をバランス良く繰り出してくれるので、読者を飽きずに楽しませてくれます。

和ものやあやかし、王道バトルが好きな人は必見です!

★★★ Excellent!!!

和風ホラーの世界観をベースに、バトル、ラブコメ、サスペンスと雑多なジャンルの味付けを見事に融合させたフルコースのような出来栄えに惚れました。

古来より伝承されてきた妖怪の描写、それを支える作者様の取材力と、作者様のオリジナリティが光る部分のバランスの取り方も素晴らしいと感じました。

★★★ Excellent!!!

自分も、怪異や妖怪、鬼などと戦う半分ヒーローモノを作ったことがありますが、妖怪の類や伝承などの情報、資料を作ると膨大な量できりがないのですが、この作品はオリジナリティを駆使し、さらに適度な妖怪の情報を混ぜつつ、適度な設定のバランスで出来上がっておりました。
さらにキャラクターも色が濃く分かりやすい。調べるだけでも大変なアヤカシ小説を、ここまでの文章力で作った実力はすごいと思います。

★★★ Excellent!!!

これぞ、ホラーの中のカッコいいバトルシーンありのラブコメ風味物語です。

刑事が登場するあたり、ファンタジーではなく、現実に近いホラーだと思います。

文字の配置が工夫を凝らしてあり、怖さを増します。

又、難しい漢字も多いですが、ルビがあるので、読みやすくなっています。

びびっと来たのは、覚醒者、浄眼珠、夜叉姫で、いい和風テイストです。

片仮名も出て、そこで、引き締まります。

夜叉姫の武器にナイスアイデアが詰まっています。

可愛いのも登場するので、癒し効果があります。

難しい言葉でも、オノマトペでも、マジックみたいに、使いこなします。

描写力抜群で、迫力満載です。

お楽しみください。

ぺこり_(._.)_

★★★ Excellent!!!

 タイトルから「萌系かな?」と思った貴方。
 よくよくジャンルを見るべし。

 ホラーにカテゴライズされる作品は、いわゆる魑魅魍魎悪鬼どもと、剣を交え、妖力を放ち合う妖かしバトル小説。
 もちろん萌の要素もたっぷりありますが、なんといっても、濃密な妖怪・クリーチャー設定とその描写が肝になっております。

 主人公の三滝涼子をはじめとする、人類にあだなす『虚神』と戦う夜叉姫たち。そんな彼女らと契約し、力を貸すのはよく知られた妖怪。
 普段はキュートでチャーミーな妖怪たちだが、戦闘となればその姿を夜叉姫の武器へと変える。その妖怪特有の力でもって、凶悪凶暴な『虚神』を切り裂き、打ち払い、無へと還す。
 はたして、涼子たちは『虚神』たちを討ち果たし、人々の平和を守ることができるのか。

 あらすじからしてツボを抑えたこのシチュエーション。
 そこに加えて、まるでTRPGのルルブに載っていそうな、詳細に書かれたモンスターの設定、バックボーン。
 更に戦闘で使われる武器の描写などなど、マニアックな心配りがふんだんにされており、それだけ心が踊ります。

 敵である『虚神』たちの行動も実にハード。
 見る人によってはちょっと口を覆いたくなるような外道をかましてくれて、ホラー要素もたっぷりです。

 ダークな感じの現代妖怪バトルモノをお求めでしたら、是非こちらを。おすすめです!!

★★★ Excellent!!!

ジャンル的には、和風ホラー系伝奇バトルアクションでしょうか。
異能持ちの女の子が、襲い来る不気味な妖怪の類を薙ぎ倒していく、王道エンタメ的な作品です。

古典的な伝奇アクション小説のテイストを下地にしつつも、随所にゲーム的な要素が取り入れられており、近年のWeb媒体を強く意識した手法を採用していることで、非常に読みやすく、幅広い層の読者に取っ付きやすい文面になっています。

内容自体も、ヒロインのバトルと成長を軸に進行し、その合間に日常イベントが発生する――というような構成で、着実に物語が先へ進んでいる読み応えがあるのがいいですね。
途中、頻繁にお色気シーンが登場する辺りも、サービス満点です(笑)。

上述通り、全体的にはツボを押さえた正統派ライトノベルなのですが、一方でかなり詳しく妖怪関連の逸話や伝承に関する知識が鏤められていて、決して軽いだけの読み物ではありません。

あやかしバトルヒロイン物の作品がお好きな方にオススメです!

★★★ Excellent!!!

 導入部は、よくある女子高生が日本刀で妖怪を退治する話。

 と見せておいて、ギャグあり、お色気あり、恋あり。

 あざといまでのサービス精神。そしてそれ以上に楽しんでいる作者。

 増える味方、つぎつぎ登場する敵、武器、妖怪。

 デート、コスプレ、入浴、旅行、そして宴会、さらにまた宴会。

 夜叉姫というキーワードを中心に広がるパノラマのような世界観。どんどん増える友達、家族、妖怪たち。

 ラノベと見せて、その展開はまるで大河ドラマのよう。敵も味方も入り乱れて、読者を呑み込んで流れていきます。

 はてさて、「やしゃ ひめ!」という大河の流れつく先は、いかなる大河か。見極めるためには、流されてみるしかない。

★★★ Excellent!!!

そんな気がしてならない物語でした。設定の練り込み(もののふ、怪異、技など)や、読者を惹きつける要素(サービスシーン、擬音、キャラの個性、ストーリーなど)のどれもが恐ろしいまでに一級品です。そしてそれらを見事に調和させていました。個人的にはもっとホラーの色を強くしてもいいかも?とは思いましたが、まだ完結されていないご作品なのでこれからでしょう! 期待して★3です!

★★★ Excellent!!!

凛として容姿端麗な少女と、奥手だけど知識豊富な少年のボーイミーツガール。
詳細で豊富な知識に基づく妖怪譚。
さらに、エロもあり。モフモフもあり。
かわいい女の子もあり。
でも、ちくりとした痛みもあり。

そのどれもが高水準でハイブリッドされていて、さらに随所に散りばめられたスピーディで情景が鮮やかに浮かぶアクションシーンが目を引きます。

続きも楽しみにしています。


もふもふたちの可愛らしさにはかなり癒されました。

★★★ Excellent!!!

人々の知らぬ世界から侵入し、様々な怪異をもたらす者たちは数知れない。そんな人智を超えた力を意のままに操り、害をなす者が現れた時、燦然と立ち向かう美しき戦神たち……「夜叉姫」がいる。
その名を継ぐ者たちは、己の手に持つ頼もしき武器と、個性豊かだが不思議な力を持つ仲間と共に、迫りくる強敵と戦いを繰り広げる事となるのだ……!

敵味方含めてどんどん登場する妖怪・怪異のオンパレード、強烈な個性を存分に推し出す登場人物は勿論、良い意味で先が読めない展開、謎が謎を呼ぶ戦い、そしてセクシー要素も存分に含んだ、少年の血が沸き立つ一大怪奇バトル作品。
きっと貴方も、妖しくも美しく戦う夜叉姫たちの虜になっているかもしれません……ただしあまり不用意に接触し過ぎますと、この世ならざる力で大変な事になるかもしれませんが。

★★ Very Good!!

 強くてかわいい女の子。知識豊富でギークな男の子。
 そんな二人が出会うのはまさに王道。冒険や戦闘の合間には青春も見え隠れしています。
 アクションシーンはスピード感に溢れ、ばっさばっさと敵を切り倒す。ゆっくりできる時には、サービスシーンもちらほら。緩急つけられたお話の中にロマンが凝縮されています。
 私的には岳臣君、お気に入りです。なんだか愛着がわいてしまいますた。
 その他にも仲間になったマスコット的キャラクターのかわいさも相まってにんまりさせられてしまいます。がるるー。
 そして本小説の味付けをしていますのは漫画を彷彿とさせる特徴的な擬音。配置にもこだわりは見られ、視覚と聴覚に訴えかけてきます。
 妖の種類や描写も目を見張るものがあります。参考文献の名は伊達じゃない!

 最後にもう一言。

 刀を持つ女の子って……いいですよね。

★★★ Excellent!!!

妖怪、オカルト、怪談……古今東西の怪奇現象を妖刀で迎え討ち、快刀乱麻を断つ女子高生。
何とまぁ贅沢な「これでもかと盛りに盛ってくれたもんだ」と感嘆せずに居られないホラーアクションです。
刀に女子高生といえば定番中の定番。
不吉な妖怪を退治するのも王道中の王道。
そこに一抹の恐怖と男女の絆、アクションのたびに垣間見せる下着の数々……!

古き妖怪や文献から温故知新を学ぶのと同様、我々もまた、古き良きラノベや伝奇小説を思い出すときが来たのです。
そう、この「やしゃ ひめ!」でね。

擬音を多用した簡潔かつスピーディな文章構成は、かつてのラノベ黎明期に活躍した神坂一やあかほりさとるを彷彿とさせます。
ともすれば古色蒼然としかねない妖怪知識も、能力や立ち位置に新解釈を含めつつアクションさせているため飽きません。

パソコンで閲覧すると、擬音の間取りなども計算されて書かれていることが判ります。
……あいにくスマホだとズレますが、そこはご愛嬌。

今こそ原点回帰すべし。ど直球なホラーアクションがここにあります!

★★★ Excellent!!!

本編プレから読みましたが、序盤からテンポ良いボーイミーツガールが展開されています。
バトル、ラブコメ、伝奇モノと、どれをとっても第一級です!

派手なバトルで引き込んだかと思うと、岳臣君との掛け合いで笑わせてくれます。サービスシーンだって忘れません。
時折挟まれる妖や虚神の設定も凝ってます。凝っていますが読みづらさとは無縁で、世界観を鮮やかに表現しています。日本語にカタカナのルビが降られているのも激アツです。

中でも戦闘描写は圧巻。
主人公や敵の動きが簡潔に表現され、縦横無尽に駆け巡るキャラクターたちをすんなり想像できます。
派手な擬音も効果的で、地の文の上手さと相まって迫力抜群です。
横書きならではの工夫も多く、没入感が飛び抜けていました。

「御滝様(おんたきさま)の章」を読み終えたところですが、序盤でこれ程の完成度を誇る本作、完結までの盛り上がりも半端なさそうです!
続きもじっくり読ませていただきます!

★★★ Excellent!!!

妖怪など、この手のお話は私も好きなのですが、まず、資料をよく調べて書かれてますね。惹き込まれました。
ノリもなかなかにハイテンションでスッキリしてます。
オノマトペを多用してますが、決して嫌味なところは無く、寧ろ全体のアクセントになっているところは技量の高さを感じましたね。

★★★ Excellent!!!

この小説で特筆すべきは、短文と擬音の交錯する心地よい疾走感です。

また、業と業との感覚もしっかりと計算されており、ウェブ小説が苦手な人でもすんなり入り込める体裁が整えられています。

なにより、その緻密な描写による女の子の表現が、なんだかすごくそそられてしまいます。

爽快感と疾走間にあふれるあやかしファンタジー、おすすめです!

★★★ Excellent!!!

 まず皆様がスゴイ! と感じるのは、丁寧な描写、擬音の妙、アクションシーンの爽快さだと思われます。
 それらを高め合っているのは、豊富な知識や、下調べによる、蘊蓄や説明力の高さなのではないでしょうか。
 こんな名前の妖怪初めてだよという読者の方もいるでしょう。
 ですが、そこは脳内にイメージしやすいよう、資料を細かくかみ砕いて説明してくれる、筆力の高さで優しくフォロー。
 現代の要素と古来の伝奇をミックスさせ、奏者たる剣姫が快活に走り抜けていきます。
 主人公だけではなく、周りの人物にも感情移入できる構成で、とても面白かったです。

★★★ Excellent!!!

ジャンルはホラーだが、あらすじを読む限り和風現代ファンタジーともとれる本作。そして第1話を読む限り、ホラーとは思えないコメディタッチな展開で話は進むが……。

まず、主人公涼子のおじいさんがお茶目で可愛い。なんとなく亀仙人を彷彿とさせます(笑 こういったキャラが一人いるだけで読み進めようとおもっちゃいますね。

しかしこのおじいさんは窮地に陥り、そして物語は動き出します。
『夜叉の浄眼』という籠手を着けた涼子はそして――。

覚醒者『重なりし者』、虚、虚神、虚蟠兵など、魅力的なワードがまた、物語への没入度を高めますね。

皆さまも本作を読んで有意義な時を過ごしてみませんか? WEB小説ならではの文章表現などもあり、楽しく読めますよ(⌒∇⌒)

★★★ Excellent!!!

バトル主体のホラー作品。
設定は各種神話などから複合的に取り入れ、作者さんがオリジナルの料理にした感じ。
戦いの時の興奮や、敵の怖さ、それらを地の文で表現しつつ、独特な擬音を織り交ぜることで感情が直接刺激される。
色々と高評価の部分はあるけれど、取り分け戦いの描写が巧い。

意図してなのかナチュラルなのかはともかく、格闘ゲームをやったことがある人という前提で書かれている感はある。
ただ今の時代、ほとんどの人がそれには当てはまるだろうから、リアルな戦いを想像させる為にはこういう書き方が正解なのかもしれない。

★★★ Excellent!!!

容姿端麗、武芸も秀でた主人公が、頼りない同級生を従え、破滅をもたらす虚兵(うつろ)と戦う物語。


もちろん、化け物と戦う以上、主人公も並みではありません。夜叉姫と呼ばれる霊体と一体化し、驚異的な能力で立ち向かいます。

ホラーダークファンタジーとも呼べる内容で、怖い一辺倒ではなく、HGF(エッチはグランドファーザー)や、おくての同級生、もふもふの妖怪たちの掛け合いも魅力的です。

仲間たちを増やし、主人公も成長し、強力な敵と戦う物語。

★★★ Excellent!!!

適度な擬音と的確な描写で、ぐいぐい読ませる実力派の小説です!
ヒロインが理想のキャラすぎて参ってしまいました。
登場する妖魅たちも、哀しい過去を抱えながらも、とてもキャラが立っていて現実に存在するかのようです。
ぜひこれからも読ませていただきたい!続きを楽しみにしています⁽⁽(∗ ˊωˋ ∗)⁾⁾

★★★ Excellent!!!

容姿端麗、成績優秀、運動神経抜群。
剣道、薙刀、和弓。空手に柔道、合気道などと格闘能力抜群。
これで好きにならない男はどうかしてる。

確かに好きにならないとどうかしていると思います笑
ここまで完璧なら、逆に尻込みしてしまいそうですね。作中でも日本酒のようだといっておられましたし。

それを差し置いても、この三滝涼子に恋心を抱かずにはいられないでしょうね。それほど魅力的ですから。

そしてなんといっても、疾走感のある戦闘シーン。
やはりバトルは疾走感がないとかっこよくないですもんね。
御滝様の章まで読んだんですけど、この作品はホラーという要素もありますが、それを抜きにしても、キャラの魅力や背景描写などの面白さも多々あり、何も余すことなく文章全体で様々なことを表現している。
読みやすさもあるとは思いますが、それ以上にほほーと思わされました。

次の章も楽しみながら読んでいきたいと思います。

★★★ Excellent!!!

さっそく「流獣」まで読ませて戴きました。
冒頭の丁寧な「試し読み」や雰囲気を大切にしている個々の言葉に好感を覚え、和風の表現に惚れ惚れして、途中まで読みました。

物質(もの)と
言葉(こえ)、
それから思念(おもい)が融け合い
貌(かたち)を為なす

素晴らしく顕現的な文章にワクワクしながら読み進めた先で出て来たもの――そこまでの描写も盛り上げて、盛り上げて、邪眼の名前を呼び、眠りから覚めたものの顕現がともかく雄大で、妖しく、美しく。

勇ましさが文面から、水飛沫と共に聞こえてくるようです。迫力の表現も良いし、夜叉姫の心や行動がカッコイイ。

これからの展開を楽しみにしつつ、和風の迫力に浸ろうと思います。
勢いでグイグイ引っ張ってくれます。是非、読んでみてください。


★★★ Excellent!!!

 姫様の戦術もかっこいいけど、小生的には姫様が使役している妖怪たちがバラエティーにとんでいていて、好きです。小生は妖怪などが大好物なので、こういう作品に出会えて嬉しいです。
 特にケセランパサランは山形県立博物館に常設展示されているので、とても馴染みがあります。これからどんなふうに活躍してくるのか楽しみです。

★★★ Excellent!!!


これは小説では無いのです!知らず知らず頭に入り込むように映像が展開していく正に~!脳内3D小説だと思います。

カッコ可愛いやしゃひめ!ここでは敢えて詳しくは申しません。
私も、もちろん涼子ファンになりました。
皆様も是非星村ワールドをお楽しみくださいませ!

★★★ Excellent!!!

物語にはツボというものがある。

読者に読み続けてもらうために欠かせない要素がツボなのだが、
この作品にはそのツボがいくつもあり、読者の心をぐいぐいと刺激してくれる。

全てをここに記すのはもったいないので、ひとつだけ伝えておこう。

喜べ。キレイ系の美少女が主人公だ。

容姿端麗の割にあっさりとした性格、男子の視線に対するガードが甘いとくればそれに優るものはない。
方向音痴なのが唯一の欠点と彼女は自覚しているが、我々にとってはそれすら魅力になる。

加えて服装の描写に余念がないから、男女ともに頷ける内容になっている。女子諸君もぜひ見るといい。

ああ、それと、小動物が好きな人にはこの作品をオススメするぞ。
……登場するぞ。かわいくて、もふもふした何某が。
そしておそらく、小動物は今後たくさん出てきそうだぞ。おそらくな。

★★★ Excellent!!!

ホラーや妖怪というとそれだけ敬遠してしまう人もいるかもしれませんが、本作はキャラがサブキャラに至るまで魅力的で、文章も流麗で読みやすく、小説世界がすっと頭に入ってきます! 妖怪に関する知識がなくても楽しく和と妖(あやかし)の世界を堪能できる優れた作品だと思います! ぜひ読んでみてほしいです!