ラバー・ソウルズ〔take1〕

作者 岩井喬

人を『救う』ということ。

  • ★★★ Excellent!!!

ニート大学生、葉山俊介宅に転がり込んできたのは美少女AI『アキ』。俊介に課せられた任務は、ヤク中どもを束ねるボスを『救う』こと!? しかも相手は女子高生で……っ!?



この手にありがちな人間とAIの思考の対比だけでなく、きっちり人間同士の対話や心の機微が描かれています。
バックボーンをしっかり作り込んでいるので、魅力的なキャラクターができるという好例と言えますね。
また、風景や心情描写が丁寧なので入り込みやすかったです。
主人公の言動行動にやや引っかかる点はありましたが、そこもある意味人間の不器用さを表しているのか? と。
もしも続編があるなら、またアイルビーバックしてほしいですね!

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

ドラキさんの他のおすすめレビュー 8