賢者の手

作者 関川 二尋

映画を見終わったような読後感! 読み切った満足を味わえます!

  • ★★★ Excellent!!!

人から人へ受け継がれる絶対的な未来予知の能力。
町の路上で占い師をしていた主人公は、その能力を手に入れてから人生が一変する。
プロローグで物語の始まりを予感させ、そこから主人公の日常へと切り替わる。そこから主人公が能力を手にするまでの過程、その後に関わることになった様々な人々との生活。
それらすべてがクライマックスに向けた下準備になっており、物語の流れがとても丁寧に描かれています。
主人公の気持ちの移り変わりにも唐突さが一切なく、作者さまが主人公の行動の動機付けをとても大事にしているというのが伝わるので、とんでもない代償を背負ってもで行動を起こす主人公にすごく納得し、共感できるのですね。
読後感もよくて、洋画1本見終わった後の満足感を味わえました!

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

★★★ Excellent!!!

小林一茶という男のある種のサクセスストーリーと言ってもいいかも知れません。
彼は普段はコンビニのバイト。
夜になると占い師の仕事。
ある日、あやめさんという高齢の女性から不思議な力を授かる。
かくし… 続きを読む

★★★ Excellent!!!

フリーターをしながら占い師業を営む主人公・一茶は、控えめながら芯のある人物。
授かった『賢者の手』はその能力を行使する代償は決して生易しいものではなく、諸刃の剣そのもの。しかし一茶はその力との向き合… 続きを読む

★★★ Excellent!!!


 当たると思うも、当たらぬと思うも、あなた次第。それが占い。だがもし、絶対に当たる占いがあるとしたら……。

 辻で占い師をしている一茶は、ある日運命の出会いをする。それにより彼は「ギフト」すなわ… 続きを読む

★★★ Excellent!!!

提示された問いの、二択の選択肢のうち、必ず正しい方を知ることができる力を得たとしたら。
使いようによっては、どんな富や権力も手にすることができるかもしれません。
だけどその力を行使するたび、自らの五… 続きを読む

我那覇アキラさんの他のおすすめレビュー 124