不機嫌なシンデレラとアブナイ同居生活

作者 ayane

126

45人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

タイトルにあるとおりシンデレラをモチーフにした恋愛小説です。
シンデレラといえば、継母と意地悪な姉二人に苛められるけれども舞踏会で王子様に見初められる美しい少女。

このお話にも財閥の令嬢として三姉妹が登場します。
しかし、こきつかわれるのはひょんな事から屋敷に住み込みで働くことになった主人公の青年、太陽です。

最初のうちは邪魔者扱いされますが、彼なりに誠意をもって接するうちに彼女たちと少しずつ心を通わせていきます。

しかしふとしたきっかけで太陽は自分にとって忘れられない相手が身近にいることに気がつき、ガラスの靴の持ち主を探す王子のように一度会っただけの彼女と目の前にいる三姉妹たちの間で心を揺らします。

何人ものキャラクターの目線で彼らの抱える葛藤やほのかな想いが情感たっぷりに描
かれて、物語を盛り上げます。

そこに起こる事件と顔の見えない運命の相手という謎がからみあって一つのエンターテイメントになっています。

大人の恋愛小説好きの方にはお薦めです。

★★★ Excellent!!!

 毒の沼地や底無し流砂を隔てて、数百メートル離れた飛び地同士で交わされる糸電話。それが、読了の第一印象だった。初歩的な演出論では、主人公は主体的に行動すべしとされる。本作でのそれは出だしから全て受け身で、にもかかわらず読者をぐいぐい引っ張っていく。主人公の流儀に従うなら、主人公にびた一文も払わぬ読者の為に粉骨砕身している。ゼニカネ以外に関心のない主人公がいつの間にかパラダイムシフトを起こした時、糸電話はスマホとなり、どこなりと主人公の望む場所へ本人自身を連れていく。

★★★ Excellent!!!

三姉妹が令嬢として各々の事情を抱えている。主人公との関わりが一時も目が離せない展開。
お互いに過去に続く現状を塗り替えてあげたいと思っている。過去が現状を作る。過去は違っても一体感がある。
テンポはミデアム。色々な出来事の流れが、いいリズムで読める。
この作品には色々な伏線が敷かれていて、回収が上手くなされている。僕は驚きました。
お金持ちはどんな買い物をするんでしょうね?僕には想像もつかない。

★★★ Excellent!!!

 この物語は、お金に目がない男性・木村太陽が、ひょんなことから超お金持ちの三姉妹と、何と! 同居することから動き出す恋のお話です~
 そんな男の人なら、もちろん狙っちゃいますよね~ 夢の逆たまを!
 まあ、太陽も最初はそんなことを思ってしまうのですよ~
 ところが、三姉妹は、それぞれ抱えているものがあって、それがお金よりも太陽には気になるのです。
 それにですね、太陽は料理も上手。
 さり気ない優しさをキラッ🌟と見せるし。
 いざっという時は、頼りなる。良い殿方なのですよ~ これは惚れますよ~💖 えっ? 三姉妹ではないですよ? 読んだ人がですよ~
 普段はバリバリ仕事をこなすのに、酔うと豹変する長女・蘭子。
 口も態度もキツイ次女・百合子。
 物静か過ぎて、何を考えているのか分からない三女・向日葵。
 三姉妹以外にも、太陽の同僚の女性など、個性豊かな花たちが物語には現れます。
 果たして、太陽は誰を……
 うふふふ~ 内緒です~♬
 一言、書き添えると、そうですね……
 面白かったです~♬ 読ませて頂き、ありがとうございました~♬
 

★★★ Excellent!!!

辛い過去を過ごし、誰かを深く愛することが出来ない主人公の木村太陽さんが、とある切っ掛けで大財閥の桜ノ宮家の家政夫になる。というお話なのですが、これが実は壮大な純愛ラブミステリーでして。
最後のページまで、読者を惑わせ翻弄します。

複雑に絡みあった運命の糸は、神の悪戯か?それとも導きか?

とある事件に巻き込まれた桜ノ宮家、三女の皆様と太陽さんに忍び寄る、悪魔の手。

そして、それを乗り越えた先に見えるのは、真実の愛……。

こんなに大胆なラブミステリーを読んだのは、初めてでしたので、とても読みごたえがありました。

ページをめくりながら、誰が?どうして?と考え、見事に作者様の素敵な罠にはまり最後まで抜け出せなくなりました。

ネタバレ禁止のため、あれが!とか言えないのが少しつらいところでは、ありますが。
ちょっと変化球的な恋愛小説を読みたい!
と思っている方にはぜひ、お薦めです。




★★★ Excellent!!!

恋愛ものであるにも関わず、ミステリー的な要素もあり、どちらも楽しめる作品でした。

個人的に好きなキャラは向日葵ちゃんですね。
あ! ロリコンではないですよ! 決して違いますよ!

と、話がそれてしまいましたが、主人公は金によって翻弄され、少し歪んだ性格になってます。
その性格も……。

また、ヒロインたちの想い・過去がとても難しいものであり、彼女らもまた、それぞれの立場に苦しんでます。

それらが絡み合い交差していくことで物語は進んでいくのですが……。

良い終わり方でした。
色々な視点からの展開がキャラの魅力を引き立てているように思いました。

★★★ Excellent!!!

キャラそれぞれのエピソードがしっかりしていて、生き方、考え方の理由付けがしっかりしている。それぞれの想いが入り乱れて、すごく面白い人間ドラマに仕上がっています。
それだけじゃなく、エピソードの中に散りばめられた謎が物語を存分に引きたて、読んでいて飽きさせない仕掛けに溢れている。
主人公のちょい悪なカッコよさもたまらない。恋や愛を信じないと誓っているくせに、仕えるお嬢様に対する気遣い。これは男として憧れる、本当のモテる男だと思いました。
時には気遣い、時には悪役に徹しながら、さりげなくお嬢様たちの閉ざされた心を開いていく太陽さん。
人間ドラマはやはりこうでなきゃ!

★★★ Excellent!!!

結論から言って、とても面白かったです。
物語の構成がとても綿密に練られていたと思いました。
最初にあった主人公とお嬢様方の出会いの時点では、こういう完結になるとは誰もが想像できないことでしょう。
複雑な人間模様も然ることながら、ミステリーの部分も見事でした。
うーん、なんというか、上手く語り尽くせない(笑)

★★★ Excellent!!!

幸せを語る上で、これらの問いからは決して逃れることができません。
人を信用するとはどのようなことか。
人と付き合うとはどのようなことか。
一癖も二癖もある三姉妹と、その使用人となった主人公の視点を通して、それらの本質を突く物語が紡がれていきます。
歪な安定を保っていた三姉妹と主人公が出逢うことで、少しずつ変化していく四人の心境。
予測できない展開の数々に飲み込まれつつ、気づけば彼らを応援していること間違いなし。
苦くて酸っぱくてやっぱり甘い。
是非おすすめしたい一品です。

★★★ Excellent!!!

タイトルにあるように「シンデレラ」を彷彿とさせながらの個性的な3姉妹と人や愛を信じずに生きてきた男性との物語です。

彼ら4人の視点で物語は語られます。

女の子は誰だってシンデレラを夢見てる。
自分だけの王子様に見つけて欲しい。愛されたい。
でも自分の勇気も必要。
ガラスの靴は私のだって名乗り出る勇気。

心を閉ざし素直になれない4人が「甘美な生活」を手にするまでのシンデレラストーリー。

ラノベらしいテンポのよさであっという間に読み進められます。随所に散りばめてある「謎」を推理しながら、4人を見守りながらぜひ読んでみてください。

★★★ Excellent!!!

更新毎に読ませていただいていたのですが、のっけからチャラ男っぽい主人公に同情してしまうほど、お相手のお嬢様方が超不機嫌。

住む世界の違いからのギャップをまざまざと見せつけられる中、様々な事情が解き明かされつつ、いくつかの伏線を経由しながらシンデレラストーリーが展開されるわけですが、それでも彼女たちは終始不機嫌。

そんな中で「8やられて2くらいやり返す」感じの辛抱強い主人公に男らしさを感じていると、彼を取り巻く環境は大きく変化していき……

読みながら「え? あの時のあれがそういうことだったのか!」

って感じでぐいぐいと記憶と心に迫ってくるお話です。

彼が人の心を溶かし、動かしつつ、絡み合う人間模様にどんな終止符を打つのか、注目しながら読んでみてください。

★★★ Excellent!!!

ひょんな事からお屋敷の家政夫となった主人公と、一癖あるお屋敷の三姉妹を取り巻く物語。加えて飄々としたお手伝いさんの菊さん、そして主人公が勤める会社の同僚たち。
とにかく個性豊かで、そしてそれぞれに抱えるものがあり、互いに理解に苦しむ展開には目が離せませんでした。
そして単純に恋愛物語だけでなく、ミステリー要素も大いに盛り込まれていて早く続きが読みたいと思わせてくれる作品ですね。
飽きが来ない面白さです。

★★★ Excellent!!!

最新話(Lesson10太陽side⑤)までのレビュー。
スパイスの効いた魅力溢れる物語がクライマックスに向けて大きく動き出しました!

愛よりもお金。一夜の恋の相手を探すのには苦労しない主人公・太陽が空き巣に入られ財産を失うところから始まる物語。
たまたま見つけた財閥トップの子女三姉妹が暮らすお屋敷の住み込み家政婦となりますが、複雑な事情をそれぞれ抱えるお嬢様達と両親を亡くしお金に苦労してきた太陽との間の溝はなかなか埋まりません。
ところが、とある事件をきっかけに、お互いへの刺々しい感情が薄れていき、事件の謎が解き明かされる過程で太陽の価値観にも変化が出てきます。
そこで明かされる重大な真実は、変化しつつある太陽の思いを再び揺らすことになります。

先の読めない展開でしたが、レビューをここまで取っておいてよかった!(笑)
まだ残されている謎はありますが、登場人物それぞれがそれぞれに見合う幸せに辿り着くよう、最後まで見守りたいと思います。

★★★ Excellent!!!

1月24日時点の最新話Lesson8 ①までの感想です。

スタイリッシュにピリッとしまっていて、けれどほのかな甘さが潜んでいる。
そんな印象を受けるとても面白いツンデレ作品だな、と感じました。

プレイボーイではあるけれどそれなりに常識は持ち合わせている一般人の主人公が、かなり強い個性を持つ豪邸の三姉妹と共に過ごします。
姉妹たちの、時に突飛だったりめちゃくちゃだったりする言動に(特に上の二人の激辛対応)、主人公が戸惑い、慌て、心の中で突っ込む様がたいへん面白くてスパイスが効いています。
しかし、視点が切り替わった時、彼女たちのその言動の裏にあった気持ちが見えて、辛さの中に甘くて可愛らしい印象がが滑り込んでくる。
そういう「激辛」「ほろ甘」の繰り返しが作品に独特の味わいを生んでいて、読んでいて飽きさせません。

三女の名前が含む意味も見えてきて、ほろっとします。

冒頭の「女」が誰であるのか? という謎も好奇心をくすぐり、屋敷に起こる大変な事件や新たなキャラクターの登場にも胸が踊り、どんどん読み進めたくなる作品です。

★★★ Excellent!!!

過去の切ない体験と、現在の複雑な感情を抱える三姉妹。
彼女たちを、主人公が純粋な気持ちで救う物語かと思いきや、こいつの動機、不純っ(笑)。 間違いなく、オンリーワンの面白さです。
アップテンポでクスリと笑えるエッセンスがちりばめられた、胸にぐっと突き刺さるストーリー。
全員の思惑が、そして主人公との関係が、一体どう変化していくのか目が離せません!

★★★ Excellent!!!

金持ち三姉妹の家政「夫」として雇われた主人公。出てくるキャラが特徴的でしっかりしていて、ぐいぐい読み進まされるパワーがあります。

小説の技術的なところがすぐれているのだと思いますが、読み進めることにストレスがない。ストレスフリーの読書体験。書き手の側から見ても、とても参考になるところが多い文章です。

ところで、三姉妹っていいですよね。四姉妹や五姉妹じゃないですよね。やっぱり三姉妹ですね。

★★★ Excellent!!!

最新話(Lesson6・太陽side②)まで拝読しました。
基本的には女性向け恋愛作品だと思います。
が、男性主人公とヒロインキャラクター三人によるラブコメ的なキャラクター配置なので、男性が読んでも楽しめる内容ではないかと。
文体も無駄がなくて取っ付きやすく、気軽にサクサク読めると思います。

大まかな概要は、貧乏だけどプレイボーイの主人公が、ひょんなことからお金持ちの御令嬢三姉妹が住む邸宅へ転がり込み、そこで使用人(住み込み家政夫)として同居することになる……といった設定ですね。
一時期、いわゆる「執事物」の作品が流行ったことがありますが、そこに一癖あるキャラクターを揃え、全体的なストーリーに捻りを加えたような内容になっています。

特に主人公の性格や行動原理は、いい意味でメインキャラらしくないのが興味を引かれるところ。
三姉妹との関係性を打算的に捉えている部分が随所に見受けられるのですが、それが今後の展開で変化するのかしないのかは、注目のポイントでしょうか。
作品の核になるテーマも、彼の内面的な部分に関わるドラマなのかな?などと憶測しています。

また、三者三様のヒロイン姉妹も魅力的。
特に男性読者なら、三女の向日葵に思わず保護欲を刺激されるのでは(笑)。

★★★ Excellent!!!

Lesson 4 太陽side②まで拝読したレビューです。

貧乏なプレイボーイが財閥令嬢たちの住む豪邸に住み込みの家政夫として働くお話です☆
その設定だけでも興味がそそられますが、財閥令嬢三人が三者三様に非常に個性的で、主人公を翻弄するわけですが、その内面はそれぞれドラマが隠されており、とても繊細で複雑なストーリーを覗かせております。

恋愛(ラブコメ)でありながら、ヒューマンドラマをにおわせる作品です。

文体はとても読みやすく、ストレスを感じることなく読むことができます。

これからの展開がとても楽しみです!