シン・チワワ

作者 陽野ひまわり

101

42人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

繰り返す!これは正当な抗議運動である!

可愛い愛犬の嫉妬を描いた短編。主人公のチワワことワビスケが御主人様に正当な抗議を行ったのには理由があった。

そのワビスケの愛らしい仕草は想像するだけでも、ほっこりとするでしょう。日常生活の中で愛情をもって接しているからこその物語。ワビスケがシン・チワワに成り変わる描写は必見です。可愛らしい彼の変貌ぶりの中にどこか温かい雰囲気が漂ってきました。

平和な平和な物語。ありがとうございました。癒されます。

★★★ Excellent!!!

これはワンコ好きなら分かりすぎる、いえ、身に覚えのありすぎる話だと思います。そんなぼくも実家のワンコを思い出して苦笑しました。そうですか、そうですよね、そうなりますよねの三段活用で読んでしまいました。ワンコ好きの皆さんに是非読んでいただきたい。あなたの家のその子もあの子もこうなるに違いありませんから。

★★★ Excellent!!!

終始爆笑でした。
わびちゃんの語り口がめちゃくちゃ渋い。チワワの外見とのギャップ萌が半端ない(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾

やはり、わんこ達がいたずらしてしまうのはご主人達に相手にして欲しいんですよね(´ー`) 今回のわびちゃんは怒りに震えてましたが(笑)

がんばれ、わびちゃん(*・ω・)ノ

★★★ Excellent!!!

飼い犬ワビスケが世にも恐ろしい怪物へと変貌を遂げる、恐怖の物語。
ワビちゃんの怒りが見事な筆致によって、読む者の背筋を凍らせます。コワイ!
怒髪天を突くワビちゃん。彼は決して悪くはありません。ちょっぴり悪魔の感情が、芽生えただけなのです。憤懣やるかたない心を、あどけなく表現しただけなのです。
笑いのツボをしっかりと押さえた文章で、コワイながらも笑ってしまうという絶妙な構成に、ラストのオチがよく効いております。
人間のエゴ(という大袈裟なものでもないのですが)により、この世ならざる凶犬(というほどオーバーではないのですが)に変貌したワビちゃんの物語、ぜひぜひご覧ください。

★★★ Excellent!!!

ある感情が爆発した時、誰もが心に宿している怪獣が露わになる、それは犬、それも小さくて可愛らしく、しかし臆病なチワワでもまた同じ事。

そんな1頭の怪獣の大暴れぶりがたっぷりと楽しめる作品です。特にこの暴れ方はなかなか精神に来るものがある、知的な怪獣のようで……。

★★★ Excellent!!!

 うちの犬もやりますね。
「飯くれ」「散歩」「抱っこしろ」といつもチョンチョンしてくるし。
 ぬいぐるみをメチャクチャにするのも懐かしい。

 うちの犬は掃除機とチャイムの音で変身しますが他の方はどうですか?
 先に「わびすけのつぶやき」の方を読むとギャップでより楽しめます。

★★ Very Good!!

「シン」の破壊力は多くの小説で目の当たりにしてきました。

もしシンvs.シンなる設定があったとしたら、その破壊力はさらに大きなものとなることでしょう。
当然期待値も跳ね上がります。

こちらのシンの暴れっぷりも期待通りのものでした。

物語はひとまず「おしまい」ですが、戦いは続きそうです。
そちらの方は興味津々(シン・シン)ですね💛(結構気に入ってるフレーズ)