僕とあいつと氷ときせき ~青春フィギュアスケート小説~

作者 宮 都

★★★ Excellent!!!

おぉ! 熱い! アイスダンスだけど!!

アイスダンス。そんなマイナーなスポーツを題材にしている作品。

これは決してスポーツ小説だけどそれだけじゃない。私はそう言いたくなりました。そのスポーツの中で恋などそういった感情も書かれていて面白かったです。

またこの作品を読むときは1話、2話で止めるのではなくて一気にすべて読んだ方がいいかもしれません。話が進むたびに、盛り上がってきます。

更にこれは大見出しを見る限り序章っぽい。確かに序章みたいな話だといえばそうだけど、それにしても随分と濃い話のように感じます。これからどんな事件が巻き起こるのか楽しみです。

多分読むのなら今から読んだ方がいいと思います。ワクワクが止まりません。あぁこんな青春過ごしかったな

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!