探査機はやふさ9号(有人)

作者 おてて

112

41人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

一気に読みました!
SF好きにはたまらない作品だと思います

四畳半の彼を思い浮かべれば宇宙とは程遠いけれど、そのギャップがまた面白かったです。読みながらご飯を食べて読みながらトイレに行って、コタツでみかんを食べて、畳と土壁の我が家を見回してふと空を見上げれば、はやふさが飛んでいるような気が、しないですね。

いつかそんな時が来たらと思うとワクワクドキドキハラハラするのでSF読むのはやめられないです。

★★★ Excellent!!!

長いかな、と思ったけど、読んでみて良かったです。
SFもの、というより宇宙空間ものって難しい言葉が多いイメージでかなり苦手なジャンルでしたが、最後までとても面白かった。
主人公がお笑い芸人だとの記述の時点で、CPUとの結末はもう決まっていたのでしょうか?それとも始めから?
とてもドキドキする物語を、ありがとうございました。

★★ Very Good!!

 私はこう言うジャンルの作品はあまり見ないのですが、楽しく読めました。

 一人孤独な搭乗員と宇宙船のCPU(人工知能)の奇妙な日常が…ある事故により一変、生き残るためのサバイバル生活に。

 サクサクと読める作品なので普段こう言うジャンルを見ない人でも試しに読んでみるのもいいかましれません。新しい刺激になるかも?
 

★★★ Excellent!!!

軽い感じの宇宙物かと思いきや。

まず25話くらいでいきなりひねりのきいたジャブを撃ったかと思うとその当たりから、怒濤の危機また危機(と珍妙な解決策)そして人工知能との掛け合い漫才とその終端。
何度かゲラゲラ笑いました。
構成力もさることながら、優れたリーダビリティは一級品です。

まあ、小惑星の軌道とか離脱時の初速、ホーマン軌道を描いて帰還するなら、その時点での地球上の位置とかちらちらと浮かぶ疑問も濁流のような筆力でするりとかわされます。
通信相手のキャラクターがまたいい。定型に堕さず、皆突き放したような言い方で主人公に檄を入れる所なんかは実に人間がよく書けている。

主人公も○ット・○イモンと言うよりオッサン系純日本人っぽくてこのミスマッチもいい味になっています。
絶対的な危機にありながらしれっと軽口を忘れないヒーローって私は大好きなんです。
宇宙、人工知能、惑星探査等々幅広いテーマのエッセンスも詰まっている。堂々のSF大作と言えるでしょう。

そこのレビューを読んでいるあなた、絶対に期待を裏切らない出来です。読もう!



★★ Very Good!!

 少しでも打ち上げ重量を軽くしなければならない宇宙船に異常なまでに冗長性を持たせたり、畳の四畳半、気密性のない引き戸、ノートパソコン、宇宙食が白飯とふりかけだったり……とコメディで通すのかと思いきや、限りなく宇宙飛行士っぽくない主人公が科学知識を動員してトラブルを解決する展開になるとは。

★★★ Excellent!!!

淡々と語る主人公の口調とは裏腹に、はやふさ9号はかなりの危機的状況に陥るのですが…。
まず、各所に散りばめられたユーモアにじわじわと笑いが出てきます。
そして、アクシデントが発生。主人公の生命の危険がじわじわと迫ってきます。
そして、もしかしたら助かるかも…という希望もじわじわ湧いてきます。
このじわり具合の絶妙さに、ついつい次章をタップする手が止まりません。
無事地球に帰還できますように!!

★★★ Excellent!!!

読んだ、読んだ、面白かった!
最後の方なんか、終わらなきゃいいのにと思ってチビチビ読んだから、読み終わるのに、すごい時間が掛かった。

細かい事は、言いっこなしで、問答無用の面白さ。

ハードなSFにしようと思ったら、いくらでもできるのに、それをやらないから、余計に骨太になった印象ですね。
突っ込みどころに、突っ込む気がなくなるくらい良かったですよ。

「ひよこのり」
食べたくなっちゃった。

★★★ Excellent!!!

独白がとてもたんたんとしているのに、いや、しているからこそ笑える。
実はすっごく悲惨な状況なのかもしれないけど、主人公はそんな自分の状況を他人事みたいに報告する。
なんか、無為に過ごすことに対する信念、みたいなものを感じました。
実は、この主人公は恐ろしくタフなのかもしれません。

キッズたちの質問に答えるシーン、とても好きです。

★★★ Excellent!!!

宇宙で主人公がゆるゆる生活している姿が目に浮かぶ、ユーモアたっぷりなお話です!
主人公とCPUの掛け合いが楽しくて、つい笑ってしまいます…!
ただ安穏としているだけでなく、宇宙で長い期間たったひとりで過ごさなければならない漠然とした不安感があり、それがスパイスになっていて飽きが来ません、ついつい先が気になります。
更新、楽しみにしています…!ありがとうございます!

★★ Very Good!!

舞台は広大な宇宙ですが、ロマンやスリルよりもむしろ淡々と進む「日常」に重点を置いた内容となっています。
たった1人で日々を過ごす主人公の、ともすれば冷静沈着にも見える「平凡」な日常の捉え方が独特な雰囲気を出している、ある意味将来起こりうるかもしれない作品です。