宿屋の主人だが最近の勇者はマナーが悪い

作者 麓清

149

59人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

登場人物の職業や世界観などは懐かしい感じのRPGそのものですが、この宿屋で展開される人間模様はどこか現実味があり、やってくる冒険者たちの問題点もファンタジックな味付けはしてあるものの、現代でもありそうなものが多々見られます。
つまりこれはファンタジーでありつつ、現実のお仕事小説でもあるという一粒で二度美味しい作品なのです。
宿屋にやってくる冒険者達は問題児ばかりですが、どこか憎めない人物も多く、この人間臭さがこの作品の味となっています。
奇想天外な冒険とはまた違う、地に足の着いた人間(だけではないですが)ドラマが味わえる、とても魅力的な作品です。

★★★ Excellent!!!

宿屋を営む主人の愚痴物語かと思いきや、個性豊かな登場人物たちが繰り広げる宿屋での出来事はどれも新鮮で、人生に役立つ言葉があったり、「なるほど!」と笑ったり、とても心が和みます。
物語はほぼ一話読み切り型なので読みやすく、様々な出来事を通じてラストへ向かう構成がすごく好きです。
晴れやかな気持ちになれて、クスッと笑えて、ほのぼのして、思いっきり楽しめました。
ありがとうございます。

★★★ Excellent!!!

ファンタジーお仕事もの。

ファンタジー世界ではお馴染みの「宿屋」ですが、そんな宿屋にスポットをあてたお仕事作品。宿屋ならではの問題やネタがふんだんに盛り込まれており、メタネタのような面白さにあふれる素晴らしい作品でした。普段ファンタジーを読まない方でも十分楽しめるかと思います。

一つのエピソードが一話で完結する作品集スタイルですが、連作短編のように各話の繋がりが強く、最終的にはそれまでのエピソードを踏まえていい感じに終わるところに好感が持てましたね。こういうハッピーエンド、大好きです!

読みやすいネタや構成で気軽に楽しめる作品です。気になる方は一読してみてはいかがでしょうか。面白かったです。

★★★ Excellent!!!

異世界でも宿屋という職業に着目した点が、まず斬新!
しかしながら、ただ斬新というだけでなく、働く現場での数々のトラブルやお客様それぞれの事情など、異世界でありながらきっちりと心情を掘り下げているところがすばらしいです。
異世界の宿屋で本当にありそうだな、という様々なクレームや事件が発生し、それを個性豊かな従業員たちが各々の経験を活かして解決していく。ときには感心させられ、ときには考えさせられながら、いつのまにか心が温まる気持ちにさせられる。
それでいて舞台が異世界だからこその、現実世界では味わえない一風変わった日常を体験できる作品です。

★★★ Excellent!!!

石ノ森章太郎の「ホテル」を彷彿とさせる本作は、宿屋を中心とした日常系ドラマだ。

本作の成分を分解すると、仕事×ギャグ×ドラマで、面倒なお客と主人との掛け合いが絶妙でクスリと笑える仕上がりになっている。

個人的にはフジオ・カヒロッシがツボに入った。

一話完結と読みやすいので、是非とも通勤時間にでも読んで、和んでほしい。

★★★ Excellent!!!

RPGのジョブ等が懐かしいなあと思いながら読んでいました。
ゲームの世界観ですが、現代にも教訓になりそうな内容で、面白かったです。
タオが朱姫と蓮華に話す場面は、坂東眞理子さんの『女性の品格』を思い出してしまいました。
アニメで見てみたい作品です。
これからも読ませて頂きます。

★★★ Excellent!!!

ユーモア満載の異世界ネタが読み切りテイストでテンポ良く読めます! 主人のグチが「わかるわー、それ俺も思ってたわー」感にあふれてて共感出来るのがグッドですね! ダンジョン探索系RPGとかが好きな人にもオススメっすよ!

★★★ Excellent!!!

しっかりしたマスターが、最後のところで○○するのは意外でした。
ありがちな異世界ものに対して、マスターというちょっと違う立場から見た勇者たちへの温かい視線。

マスターの過去が、知りたいな!

★★★ Excellent!!!

私達の住む世界とは違う、異世界の宿屋に相応しいクレームを引っ提げやがりますお客様。
そんなお客様にのらりくらり、時には誠心誠意に対応する宿屋の主人(名前ちゃんと出てきます)へ敬意を表したいです。

従業員だってクレーマーだって人間。
軋轢はありますが、お互いに求められるのは最終的には人間力。
そうすればより良い接客業界になるのになと、希望的観測のもとに読み進めていました。
このように、経験と価値観を自ずと当てはめられるところに、本作品の魅力が詰め込まれているのではないのでしょうか。

★★★ Excellent!!!

本作は、宿屋のオヤジとその仲間達が、宿屋に来訪する様々な珍客たちと織りなすホンワカ系コメディです。

とにかくキャラクターがとても魅力的です! 主人公である宿屋のオヤジを筆頭に、一癖も二癖もある愛嬌たっぷりの登場人物たちが織りなすテンポのいい会話が最高です。

とにかく楽しい物語なので、明るい調子の物語が大好きな方にお薦めです!!

★★ Very Good!!

 とあるファンタジーな世界の、とある宿屋。

 そこに来るお客は千差万別で。中にはクレイマーも。

 相手をする宿屋の従業員は苦労します。ちょいと愚痴めいた事を思ってしまうぐらい。

 そんな宿屋を舞台とした日常劇。

 という感じのお話です。

 何か問題が発生してそれを劇的に解決、というよりは、お客相手に巧く立ち回らないといけない苦労を飲んで、頑張って働く従業員たちの物語、という感じです。

 生っぽい感じが個人的にするお話でもありました。

 個人的には、どこか風光明媚で自然あふれるんだけど、環境保全やら生き物保全が守られるかの心配もあるリゾート観光地にあるホテル物語、という感じがするお話でもありました。

 以上です。レビューでした。

★★★ Excellent!!!

読ませていただきました。

タイトルから想像するに、宿に泊まるクレーマーとのやり取りを面白おかしく描写する話かと思いました。
そういう話もありましたし、接客業の苦労話でもありますが、それだけで終わる話ではありませんでした。

宿泊客、宿の従業員それぞれの抱えた問題や奇妙な縁、そういったものを育んでの培う関係性、そして過去。

一言でいうと人生を見せるお話でした。

最後の局面において彼らの日常が続くかは分かりませんが、主人公の言葉を信じれば変わらず続くのでしょう。

もしくは彼女との関係は変わるのかもしれませんがw

★★★ Excellent!!!

異世界の宿屋が舞台というのがおもしろくて読んでみました。

接客業あるあるがコミカルに描かれていて、とても楽しかったです!
特に現実のお店にもありそうなことばかりで、かえってリアリティがあります。

マナーの悪い勇者たちに対する宿屋の面々の活躍が、すごく爽快でした。

また、宿屋で働くメンバーの日常を描いた話もあるので、日常系作品が好きな方にもおすすめです。

★★ Very Good!!

そうだよね異世界といえどもサービス業のつらさは変わんないよね!!!と涙にむせんで画面が見えません。勇者ァ!?マナーが悪くて世界が救えるか!!お客様とて許せぬ!

異世界だろうが現世だろうが接客業の従事者は苦労してるんだなぁ……としみじみ思った切り口の作品です。面白かった〜!