三四郎R「テレキャスターストライク」

作者 シラノドットスティングレイ

163

66人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

明治時代を舞台にしたスチームパンク剣豪小説。
レトロにして斬新な設定に、心躍らないわけがない。

蒸気機関、交錯する刃、繰り出される技の数々。
気品と風格を備えた女剣士、女操士たちが勇ましくも凛々しく美しい。

もっと読んでいたい、最後まで読みたい。
そう強く感じました。
曾祖母から少女たちへと語り継がれ、受け継がれる「技」の大河浪漫譚でした。

★★ Very Good!!

バトル要素が多めの作品であり、熱い展開が続いていく。
キルラキルを元にと言ったが、おそらく魂の熱さ的なものを元にしてるのだろう!!

とりあえず、熱い!!
それと、ちょっとだけルビがあるといいなと思う。
造語があるので……読みをハッキリさせた方がいいかな~と。

もしかしたら、魂で読めということかもしれない。

★★★ Excellent!!!

物語の舞台は明治時代。
昔語りからその物語へ誘うところが世界観をより味わい深いものにする構成だな、と感じました。
背景として現代の史実と地続きの部分もあり、どこかあり得たかも、と思わせるフィクションの現実性に
SFのワクワクの匂いが漂います。
多くは近未来の舞台でそれを見るのですが、前時代にそれを見れたことが面白い。
男の子の私としては蒸気機関という言葉だけで血がたぎるのですけれども、それを併用した「踏機」なる
機体(パワードスーツが最も近いでしょうね)による対戦が今回のお話で、そこにあった論理的(宇宙の先にあるような物理の法則)解釈の必殺技が更なる科学感を魅せてくれます。

私が読んでいてお気に入りなのは、必殺技=奥義を体得、会得してゆく流れで、変化を味わえる部分は成長にも類似している感覚ですから魂が揺すぶられるところですね。
一見すると使われている文字や雰囲気(時代背景もあるのかな)から、やや小難しい印象を持つ方は少なからずいらっしゃると思われます。
ただ、その実内容は適度にフランクで、読み進めていけば十分にメイジパンク(造語)が自然と染みこんで、後は作中の操士たちと一緒に燃えるだけ。
一読いかがでしょう。

(*一言タイトル我が道を行けと内容は特には。気分で、逆転劇時に流れたい一曲のとある曲名から拝借しております)

★★★ Excellent!!!

スチームパンクの世界観の中、「鉄蒸踏機」と呼ばれる、現代で言うパワードスーツで技を競い合う姿は、読んでいて圧巻でした。
技の部分は人が担い、動きの部分は踏機が担う、そんなクラシカルな雰囲気が漂う乗り物というのも、この小説の味の一つだと思います。

蒸気機関で踊る舞踏は、猛々しくも美しい。

その戦いの末を、ぜひ自身の目で見届けて下さい。

★★★ Excellent!!!

「うわぁ、この物語の存在にもっと早くに気づきたかった!」とかなり後悔した。それだけこの物語は熱い何かで満ち満ちている。

明治時代を舞台に、踏機を通じた魂のぶつかり合いが! 眼前に! 広がっているのだ!!

もちろんただのバトルものではなく、その中に人間味溢れるドラマが丁寧に練り込まれている。これを読まずして一体何を読めと言うのだろう。

この胸の内にたぎる思いは、決して私の拙い文章では語りきれない。
だから是非、この物語を読んでみてほしい。きっと第一声に「面白い!」と言うことだろう。

★★★ Excellent!!!

昔話というのが効果的ですね。
すっかりおばあちゃんにまいってしまいました。
タイトルからは想像できなかったノスタルジックな雰囲気が、単なるロボットものとは一線を画しているように思います。
そこがとても好きです。
そして圧倒的な描写で、思わず血が滾ってくる自分に気付いて…。
新しい扉を開いてしまった気がします。

★★ Very Good!!

 熱いバトルと主人公達の人間ドラマが魅力的な作品、
 しっかりした文章と設定・時代背景からなる世界観も見事、
 ただ、私のような当時の知識をもたない人間にはバトルなどの詳細な部分がややぼやけ気味な印象、
「画になってからのお楽しみ」と思っておきます。
 面白かったです(^_^)

★★★ Excellent!!!

レトロな情景。女の子主体っていうのがグッと来ました!
漫画としておこされたら、と胸が高まります!

論破されている仕組みを、四肢と炯眼をとぎすまして掴みとる!
その針の穴ほどともいえる「ファンタジック」な一刷きを、見極めて会得する!興奮します。
3万文字以内ということで、このたびは回想メインでしたが、現代に流れを受け継いだ双頭のたたかいも読んでみたいです!

★★★ Excellent!!!

 重厚に練り込まれたシステムや時代の設定、互いにぶつかり合う矜持や意地。
 鉄の臭いすら漂ってきそうな踏機同士の闘いの中にも、華や雅が感じられる良作です。
 回想録のように語られる物語の最後はぜひご自身で確認ください。

★★★ Excellent!!!

ハマりました!
面白い!

設定、キャラクター、そしてストーリー、全てが見事に融合してカタルシスの塊を提供してくれます。

巧みな文章が読み手をこの世界に誘ってくれ、踏機があたかも実在するような錯覚におちてしまいました。

続きを渇望するのは自分だけではないでしょう。、

★★★ Excellent!!!

「過去」と「現在」からなる物語が絡み合う。とっかかりにくい文章で回想が錯綜しているために読みにくいが、何度か読むうちにイイ…!と思えてくる。
個人的に明治を舞台にしたバトル物というのは初で読み耽ってしまった。過去と現在を通して「二人」が対立しているような構成も良い。スチームパンクものが好きな人にはぜひおすすめ。

★★ Very Good!!


台詞がいちいち格好いい。
基本無骨で、意味不明なのも多いんだけど、妙な説得力がある。

全体を通して特にお気に入りなのが、第5話の後ろの方に書かれてある
「鉄は斬ればいいのだ。おまえもすぐにできるようになる」
という台詞。

これだけなら、『意味不明だしっ! できねーしっ!』と、ツッコミたくなるような一言だが、その前にある戦いのせいで、やけに心に響くものになっている。

つまり何を言いたいのかというと、とにかく熱い!!



★★ Very Good!!

ロボットスチームパンクもの。

スチームパンクのタグに釣られて一読。いやーいいですねスチームパンク。とくにこの作品はロボットものとしてしっかり設定が練られており、惹きつけられる内容でした。作品が提示するイメージは凄まじく、まさに絵になる一作でありコミカライズに相応しい作品でした。

そして濃厚なバトルシーンも素晴らしい。緻密でありながらも荒々しい戦闘描写は、その迫力がダイレクトに伝わってきて作中の緊張感を味わうことができました。いやこれはお見事。

むんむんと立ち上る蒸気! この作品はオススメです! 是非読んでみてください。

★★★ Excellent!!!

軋む金属にむき出しのパーツ。石炭を燃やし、真っ白いスチームをあげながら土俵で繰り広げられる二足歩行機同士の試合。かつて某ゲームをやりこんだ身としてはたまらんシチュエーションですな(^o^)/
本作はとにかくメカニカルな描写が凝っていて元技術屋としても興味深く拝見致しました。とはいえ、機械の説明だけに逃げずキチンと人間関係も描かれておりアニメ化したらさぞや楽しかろうと感じた次第です。

★★★ Excellent!!!

とはいえ、マシンというほどの高機能な機械ではないところが、またシブくてカッコいいです。

不安定な状態での、操縦者の技術が試される勝負。
機巧が題材でありながらもどこか古くさい舞台や文章で生まれるギャップ。

着眼点によるおもしろさがいっぱいつまっていると思いました。