必死な桃太郎

作者 戸松有葉

75

37人が評価しました

★で称える

レビューを書く

ユーザー登録(無料)をして作者を応援しよう! 登録済の方はログインしてください。

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

Good!

――

はじめまして。文月めぐと申します。
「必死な桃太郎」拝読いたしました。
童話の「桃太郎」は淡々と語られていきますが、本当は登場人物全員、必死に生きたり、必死に戦ったりしていたはずです。
語り口調が面白くて、思わず笑ってしまう場面もありました。
楽しい小説をありがとうございます。

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

Good!

――

とにかく必死なので、昔話ののんびりとした印象はサッパリ消えてなくなります。登場人物がみんな「ヒィヒィ」言いながら生きているような感じになります。
ちょっと違った桃太郎を、ぜひ読んでみてください。

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

Good!

――

こうもシュールになる物なんですね。
ともすれば感動するのか、ともすれば残酷になるのか。
それはやはり読み人次第読み方次第なのかと。

ちなみに僕は眠気眼で読んだので必死で読んではいませんでしたすみません。必死で読んだらまた違った感想になることでしょう。

さんがに★で称えました