我輩は本である 〜白紙が紙くずになるまで〜

作者 波野發作

世の中の本の多くがこうして誕生してきたのでした!

  • ★★★ Excellent!!!

 知っているようで知らない世界。本の誕生秘話ってやつですね。
 出版界の片隅で生きてきた私には、自分たやってきたことの側面を見せられているようで、わかりすぎるほどわかるのです。
 テンポもいいので、楽しく読むことができます。
「とりあえず聞いてみて。ダメならもう誰でもいいや」で、口に含んでいたお茶を噴き出しました。
 さて、問題は、ちゃんとこの本、出るのか、ということですが……。
 類書の多い本はタイトルで揉めそうだなあ。それにしてもこの短納期で作り上げるのって、すごいですね。低予算だし。
 続き、楽しみです。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

本間舜久さんの他のおすすめレビュー 6