これまでの女性遍歴 - 童貞からセックスマスターへの性の階段 -

作者 @rocketman

69

24人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

確かな洞察力、大量のデータ、経験値に基づく研究論文とも呼べそうな深い内容。異性関係、パートナーシップに問題を抱える方、そうでない方も学べる要素が多分にあります。人間、社会の成熟度合への言及、倫理や道徳観に対する鋭い切込み、広い視点から性、人間、社会と向き合ってきた作者様の貴重な記録です。シェアに深く感謝いたします。

Good!

なぜかちっとも羨ましくない自分がいる。

内容自体は、すごくいい、すごくいい分析と思うのにな。。。出版されて、女性が読むと、性の自立に役に立つ、と思う。

なのにちっとも羨ましくないぜ。(いやほんとに。)

男の方が、まめまめしく気を使っている感じが、すごいのかもしれないが、なんつーか、楽しくない。

数こなしすぎると飽きないか??そういう点も含め、ある意味なんだろう、全然興奮しない。学術的な分析って意味では、特に女性に読んでもらうとすごくいいと思う。

俺はフツーに楽しみたい。。。てか、あんまり相手の女性に”性遍歴”を感じると、引く方なんで、ま、そういうのもあるかな。好みの違いか。あんまり、あの子は寝てみたらどーだったとか、”比べる”っていうのも、自分流じゃないしな。(批判じゃなくて、俺とは違うな、という感じ。)

しかし、”奥の部屋”があるとは、勉強になりました。

★★ Very Good!!

セックス連発しているし、序盤は刺激が強いから「セックスライフ万歳」「モテる俺カッケー」「経験人数は40人(どやぁ」だと思いがちだけれど、そういう話ではない。「性」について真面目に書いた作品。
女性経験から女性との付き合い方を学び、真摯に向き合っている。自分との経験に照らし合わせて、人間としてもなんと未熟かと身につまされた。男性はもちろん、女性にも読んでもらいたい作品。
※「サイドストーリー第5話 誰でもできる気持ち良いセックスの方法(前編)」まで読了

★★★ Excellent!!!

女性として人生を乗りこなしている人たちがなぜ多くを語らないのか?がこの話でとてもよく理解出来ました。

第5話にある
“多くの男が自分の人生から逃げるために浮気や不倫をするのに対して、女性は自分と向き合うために性に向き合う。”

この箇所がその理由を最もよく言い表している。

①話にもあるように向き合おうとしても相手が必要だが、その時のパートナーがそこから逃げればまず傷つく

②うまく相手をみつけても、女性性を傷つける相手は向き合えずに傷つく

③傷つくは自分と向き合えないはという状態。または①②は容易に想像可能なのではなから向き合わない。

だって相手探しをしようにも傷つくことは怖いし、もう同じような相手を選ばないという保証もない。という合理化をする人がいても仕方ないだろう

そんなループに入り込んだら自分と向き合えないまま、未成熟でも……

男性嫌悪ってとても奥が深くて、哀しいことなんですね。

続編も楽しみです

★★★ Excellent!!!

 読んでいて思ったのは、まるで壮大なRPGの冒険譚を読んでいるような感覚です。主人公はさまざまな相手(女性)と戦い(SEXし)、そうして経験値を確実に積んでいく。一気に多くの経験値をもらえる女性もいる。
 そうして着実に主人公は成長していく。

 多くの女と遊んでることに価値があるのではなく,一人の相手を深く愛するからこそ女性を理解することができる。それは性の真実だと思います。おなじ相手と数多くすることで、自分の性の能力が向上したことを実感できるわけだし。

 すてきな話をありがとうございました。

★★★ Excellent!!!

「モテるまで」ではなく「セックスマスターになるまで」っていうのが重要なポイントです。

■この書き物をおすすめできる人
親との関係が不健全な人
うまく女性と関係を持つことができない(でも持ちたい)人
男女お互いによいセックスを追及したい人

■この書き物をおすすめできない人
所謂、「恋愛工学」を極めたい人
いかに女性をセックスに持ち込むかあの手この手取り組んでる人


この書き物には女性をどう大切に扱うかのエッセンスがふんだんに詰め込まれています。
但し、それは自己啓発書の様なhow toではないのでわかりにくい所があるかも知れません。

あなたが理解できる人であることを祈ります。

★★★ Excellent!!!

なぜ性の話はタブーなのか?

性の話として、巷でよく共有されているAVや風俗は金銭を伴った偏った性的体験で夢物語、ファンタジーである。

しかし本来、性は日常である。

男性も女性も非日常に生きる幻想や偶像ではなく、現実を生きる生身の人間である。当たり前なんだけどね。

生身の男女として、目の前のパートナーや愛する人、またはそんな相手をみつけよう。

そして、小難しいことはさておき、とにかくお互いが楽しいSEXをしようじゃないのと思わされる作品です。

それだけでも、一読の価値あり。

無駄に性を消費するファンタジーや幻想は、あなたをいつまでたっても欲求不満にしたまま満たすことはない。

そんなものは早々に捨て去り、街に出て出会い、お互いに体当たりのSEXをしようよ。