御伽術師・花咲か灰慈

作者 乙島紅

花は、人と人を繋ぐ物である。

  • ★★★ Excellent!!!

人間誰しも経験した事があるでしょう。それは葬式。
無論、自分にも経験があり、最も衝撃を受けたのが祖父の死ですね。あれ程大泣きした事は他にないでしょうか……。

もっと話したかった。もっとそばにいればよかった。こういった事は誰しもある事でしょう。

この御伽噺師の登場人物、水川さんもまたそんな人物でした。そんな彼女に灰慈少年がしてやれるのは、遺骨の灰を花に変えるという『花葬り』。

それが行われて、これで十分なんだと感じました。花は人と人を繋ぐ為の物、この世あの世なんて関係ない。水川さんはやっと報われたと感じるのに、そう難しく考える必要なんてなかったです。

彼女にはあの人の為に強く生きてほしい。例え何があっても、どのような事があっても。それにそばには灰慈君だっている。

花というのはどれだけ重要な物なのか、再認識する名作であります……。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

★★★ Excellent!!!

なんの変哲もないただの高校生がよくライトノベルでは活躍しているような印象が持たれがちだし、実際そう供述している主人公は少なくなさそうだが、この桜庭灰慈少年は決してそういうことではなく、花咲かじいさん… 続きを読む

ミレニあんさんの他のおすすめレビュー 230