御伽術師・花咲か灰慈

乙島紅

序章 今も今も、あるところに




 この国の人なら誰もが知っている、日本昔ばなし『花さかじいさん』。



 心優しいおじいさんに拾われた犬が、大切に育ててもらったことに恩返しをする物語。犬は隣の強欲なおじいさんに殺されてしまうけれど、最終的には灰となって宙を舞い、お殿様の前で美しい花を咲かせる。心優しいおじいさんは"花咲かじい"と賞賛され、褒美ほうびをもらってめでたしめでたし。





——実はこれ、僕のご先祖様らしい。




  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます