ひねもすのたりのたりかな

作者 新樫 樹

72

27人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

物語の主人公は2人の男の子たち。
それぞれに順風満帆とは真逆と言える生い立ちが背景にあり、お互いに支え合う関係だったことが物語を読み進めるうちに判明していきます。



ただ、一緒にいるだけでいい。


必要な時に、同じ時間を過ごすだけでいい。


一見正反対に見える2人ですが、本音の部分を伝えるのが苦手な点では案外似た者同士で。


親友と表現するより、心友の方がしっくりくるのかなと感じます。


男同士の友情って、こんな風に不器用だけれど、後になって振り返ると大切なもので。

決して長い物語ではないのですが、二度も涙腺を緩めてしまいました。

2人の環境の変化や心境の移ろいを一人称で描かれており、
文章が素敵な詩のように綴られている事も相まって、主人公の想いが自然と心に染み入ります。

2人の少年は辛い過去を受け止め、しっかりとそれぞれが進むべく未来を見据えて、成長していきます。
気付かずとも、支え合って来たからこそ、選べたその選択肢に。



筆者様の作品はまだ少ししか拝読していないのですが、異世界ファンタジーや容姿端麗がテンプレの如くありふれているこのweb小説界にあって、
それらの要素など微塵もなくても、物語の世界観にしっかりと浸らせてくれる貴重な作品に出逢えた事をとても嬉しく思います。


素晴らしいお話を描いて頂きありがとうございました。

★★★ Excellent!!!

プレッシャーから逃げ出したくなるような時、海を眺めるのも良いかもしれない。

なにか悩んでいるときに、分かってくれる人がいるだけで安心できる。

言葉を交わさなくとも分かり合える友情。
とても素敵だなあ、と思いました。

作者さま特有の優しい雰囲気を感じ取ることができる作品です♪

★★★ Excellent!!!

作品のあらすじは「小説の概要」を読んでもらえれば、すぐに分かりますので割愛させて頂きます。

私がオススメしたい事は美しい文章力にシンプルな背景描写。その中に物語のテーマがしっかりと捻じ込まれて、一つ一つにちゃんと意味を持っている構成です。作者様の丁寧な創作があらゆる部分から感じ取れる優しい作品です。

私は何回も読み返してしまいました。言葉一つに何かを連想させ、物語を導く意志を感じる面白さ、また楽しさがあります。

どうぞ素敵な物語を味わって下さいませ。




最後に作者様に心からの感謝を申し上げます。

★★★ Excellent!!!

この作品に限らず、この作者の作品の中は「どこか片田舎の様なゆったりとした優しい風」が吹いている。
そんなふうに感じる。

今作の素直でまっすぐで、でも少し内気な少年と友人の物語は誰もが心の中に何パーセントかは確実に持っている『脆く美しい大切なモノ』に焦点を当てている。
だから、私は今作を読んでいる最中に過去の自分が、ふと浮かび上がったのだ。
と、いうわけで……
面白かったです!



★★★ Excellent!!!

作品は、自己主張でしょう。

醜いかもしれない、
意味不明かもしれない。
描きたくて描いただけの、
自分勝手なものでしょう。

「わかるよ」「いいね」

ひとたびそう言ってもらえたら、
また言われなきゃと頑張ってしまうかな。

共感して、一緒に悩んだ。
彼の絵をこの目で見たくなる。
すごく好き。

★★★ Excellent!!!

ついつい “何人に読んでもらえた” とか “何人から称賛された” なんていう風に、私も、自分が創った作品に付いた数字ばかり気にしてしまう。
何のために作品を書いているのか(描いているのか)、それがきっと大切なんだと、この作品で改めて気付かされた。

★★★ Excellent!!!

素晴らしいと多くの人に言われるほど、こんなにも沢山の人に期待されているんだ、ということを実感して怖くなってしまう……わかる気がします。本当は嬉しいことのはずなのに。

親友が主人公に改めて思い出させてあげた、大切なこと。これを胸に主人公が再び楽しんで絵を描くことが出来るようになったら……と思います。


また、主人公たちの友情が素敵だなと純粋に思いました。ある人は就職し、ある人は絵を描き、……それぞれの道を歩んでいても「あいつがヤバイぞ」という噂を聞けば飛んできてちょっと乱暴に、励ます。きっと男性ならではの関係でしょう。