七年目の記念日

作者 アオヤマ

228

95人が評価しました

★で称える

レビューを書く

ユーザー登録(無料)をして作者を応援しよう! 登録済の方はログインしてください。

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

★★ Very Good!!

――

 どんでん返しのある短編は先入観を覆されるのであまり得意ではないのですが、こう言う心にダメージの少ないのはいいですね。
 大切な記念日を祝うシーンに過去の自分を重ね合わせてしまいました。

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

★★★ Excellent!!!

――

ひと言で言っちゃいますと、この作品は叙述トリックです!

主人公はいっしょに暮らし始めて7年めになる、世界でいちばん愛してる“真波”さんが、今日っていう記念日を忘れてないかなと不安でたまりません。
お風呂は気持ちいい。ハンバーグはおいしい。でも、主人公のはやる気持ちは募るばかり……
というのが物語の起と承の部分。

1345文字のショートショートなので、この次はもうどんでんが返ってオチになるのですが、
いや、やられます。

すばらしく綺麗に落とされて、見事にだまされるんですよ。
これ以上は謎が解けちゃうので言えませんけれども、ムダを極限までそぎ落としたソリッドさがなによりの魅力です。

トリックを成立させるには、たったひとつのしかけがあればいい。
そんな基本的でなにより大切なことを、たった3分で教えてくれる良作ですよ!

(必読!カクヨムで見つけたおすすめ5作品/文=髙橋 剛)

さんがに★で称えました

★★★ Excellent!!!

――

7年目の記念日の話です。

いやー、だまされたというか、これは卑怯な手口ですよw

それでも、最後のオチにほっとして、もう一度読んで見るか、となってしまうのが、ミステリー好きの醍醐味です。

次の話にも期待して、星3つ送らせて頂きます。

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

★★★ Excellent!!!

――

最後まで読んでまた初めから読むと、色々なことが腑に落ちてニマニマできました。
短いですが二度楽しめるオイシイ作品ですね!
心がほっこりしました。

さんがに★で称えました

★★★ Excellent!!!

――

掌編ながら二重三重のトリックにしてやられました。他のレビューにもありましたが、確かにコメントが難しいです(あはは)。
さあ、あなたも一緒に騙されてください。

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました