パステル・プロムナード

作者 鯨武 長之介

212

73人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

全話読了しましたのでレビューさせていただきます。

前回「モノクローム・サイダー」とは打って変わり、今回は奥様とお子様との心の交流そして日常の出来事をエッセイという形でまとめています。

1~7話くらいまでは連続したエピソードとなるので、順に読むとよりこの話の背景がわかりやすくなります。そして、エッセイが進むにつれてお子様の成長を追って見られるのも感情移入しやすい要素となります。

前作以上にまとまったテーマと読みやすい文章で、長之介さんが夫として、父親として奥様やお子様に日々の愛情を注いでいる様子が昨今の世相を反映させながらも正直な態度でつづられ、読んでいて気持ちの良さを感じます。

終盤はとても見応えがあり、現代に生きる我々も気をつけなけばと考えさせられました。スマートフォンを使う大多数の方々に特に読んでいただきたい内容となっています。

このエッセイは、前作「モノクローム・サイダー」を併せて読むとより面白さ、感情移入度が増してきます。

出来ればモノクローム・サイダーを先に読んでおきたいところですが、先に読んでも後から読んでも、両方読むと二倍にも三倍にも文章の良さと面白さが増すので、未読の方は併せ読みを推奨いたします。

★★★ Excellent!!!

奥様と結婚され、可愛らしい娘さんが生まれてからの作者さんの幸せな生活を、奥様と娘さん可愛いな~(*´∇`*)こんな二人に囲まれて作者さん羨ましいなぁ~とにやけながら読み進めておりました。

30話では、作者さんのツイートを私も拝見し、酷い事故だと思いリツイートしたのですが、嫌なコメントをする人達もいたのかと知り、ショックでした。
何よりも娘さんが無事に回復され本当に良かったです。

色々な事情で家族関係が上手くいかなくなる人達が多い中、作者さん達ご夫妻ような、お互いの為を思って協力して生活の送れる方達は本当に貴重な存在だと思います。
今後ももくぅ~羨ましいなぁというご家族のお話楽しみにしています。(^-^ゞ


★★★ Excellent!!!

一つ一つがとても軽くテンポが良いのに、こんなにも心がほっこりして温かく残るのは何故だろうとついつい思ってしまいます。
幸福とは自分の好きなことばかりをする事ではなく、お金が沢山あることでもない。自分が幸福だと誰かと分かち合い、そして笑い合うことなのだと話の一つ一つを読んで実感しました。
近年では結婚しない人達も増えていますが、こういうのを見ると結婚も悪くないかもしれないと憧れに近い感情を抱きそうになります。

★★★ Excellent!!!

概要や目次を見る限りではただのリア充自慢に見えるが、本編を読んでみると自慢でもなんでもなく、作者が日常の生活で感じた幸せについて嫌味の無い文体でつづられているのが分かる。

それぞれのエピソードを読むたびに心が潤っていくような感覚を覚えると同時に、自分の内面を自然と顧みることができるようになり、よりよい人間関係を手に入れるためのヒントを得られたような気がした。

★★★ Excellent!!!

たくさんの彩に溢れた日々の物語ですね。
私も子供が一人いますが、産まれてからは子供と向き合うばかりで、旦那をほったらかしにしている面が多々あり、反省したり……。
先の物語が楽しみです。そして、奥さまへのラブレターは続いているのだなと感じました。控えめに言って甘々です。長之介さん御一家に幸あれ!

★★★ Excellent!!!


 そう言いたくなるぐらい幸せな家庭のお話です。
 長之介さん……あんた幸せもんだぁ。
 都市伝説のような妻じゃないですか。家庭じゃないですか。
 ただただ羨ましす!

――――――――――――――

 由美さんは日常の小さな「よかった」を幸せにできる人なんだとつくづく感じさせられました。
 絵に書いたような幸せな家庭。でも、そんな家庭はいったいどれだけあるのだろう。普通に過ごして、日常の些細な気遣いやユーモアに素直に心を温かくできる……そんな幸せをどれだけの人が感じられているのだろうか。

 特別な出来事や、ドラマがあるわけではありません。でもこれ以上ないくらい暖かい気持ちにさせられる小さなドラマ、皆様ご一読してみてはいかがでしょうか?

 

★★★ Excellent!!!

twitterでフォローして頂いている私も、間もなく第一子が誕生しますので
長之介さんのこれまでの奥さんとの出会いや結婚までの道のり、子供が
できてからの生活など、、自分と重ねながら見させて頂きました^^

私自身も相当な幼少期からの波乱万丈な人生を送ってきたので、また
長之介さんは長之介さんの生きた道についても、人の生き方や出会い、
人生はいろいろだなぁと思って読ませて頂きました^^

私もこれからの人生は、慎ましくも楽しい家庭をずっと守り、大切に
していきたいなぁと思っています^^

作品の感想ではないかもしれませんが、これからも幸せな家庭を守り
楽しく笑顔の絶えない家庭でいてください^^

また次の作品も楽しみにしています!

★★★ Excellent!!!

このパステルプロムナードは筆者がTwitter上で自分自身の家族について呟いたものに加筆修正して作られた小説である。この度、改めてこの小説を読んで涙腺に心地よい潤いを取り戻すことが出来て嬉しかった。
筆者の妻である由美さんは「何事も否定しない」という信念を持っている。何事も冷静に受けて止めて、筆者や娘に対して良い影響を与える返しを即座に行えるのは決して簡単なことではない。長年の賜物と言って良いだろう。
「何事も否定しない」というのはともすれば単なるミーハーになりかねないが、由美さんはむしろ逆で流行などどこ吹く風といった具合である。このようなバランスの取れた生き方はモノや情報があふれている現代では難しいのではないだろうか。
そういう母親のもとで育った娘の節子もまた明るく前向きな子供で、これからの成長が非常に楽しみである。
時々、街中でなかなか言うことを聞かない子供に業を煮やしている親を見て不快な子供に気持ちになる事が多々ある。由美さんのように「何事も否定しない」で接してくれる親がもっと増えることを願ってやまない。
ところで、この小説の第1話は「幸せな婿養子の作り方(前編)」と書いてあるが、最後まで読んでも後編が見当たらなかった。いつか、「幸せな婿養子の作り方(後編)」を読みたいものである。

★★★ Excellent!!!

鯨武長之介さんの昔の話は、カクヨムの
モノクローム・サイダーを読むとして、
奥さんの由美さんは幸せを探す名人だと思う。
人は誰しも上手く行かない事があると、
何故、こんな事になったんだと嘆く所があると思う。
最近、金銭的にも仕事的にも人間関係にも余裕がなく、
荒んでいた自分はこれを読んで気持ちが救われた気がする。
見方を変えれば自分を責めるでもなく、人を責めるでもない
(人を責める事って必ず自分に跳ね返ってきますね)、
相手を笑顔にする方法だって見つかるかもしれない。
優しさに気付いた時、それはチャンスである。
だから僕は今日、いつも飲み慣れたコーヒーの味を変えてみる。
自分の心の中の大好きだった人に誇れる様に。
(追伸)しかしこの奥さん、男前である!!!

★★★ Excellent!!!

温かく、楽しく、時に作者である長之介さんと共に思い悩む。
奥様の素晴らしさは勿論だが、長之介さんの思いやお子さん達の話が心に沁みる。
その度に月並みな言葉ではあるが『優しい世界』『理想の家族』そんな言葉が脳裏をよぎるのだ。
きっとこの家族は先々も幸せに暮らすだろう。
困難があっても手を取り合って乗り越えて行くのだろう。

★★★ Excellent!!!

単純な巧さでは書けない読む人に「物語、ひいてはこの夫婦への親しみ」を与える文章。
そして、奥様の魅力が現実から小説の中に舞台を移しても光っている作品だと、思います。

読んでいて常々感じるのは奥様のヒロイン力の高さですね。
個人的に、それを一番感じたのは誕生日に関するエピソードでした。
奥様のヒロイン力はそんじょそこらのラノベヒロインでは太刀打ちできないでしょう。

また、時折感じるのは奥様の芯の強さや人柄の魅力が光る中、作者様の反応がかわいいなと感じてしまうことがありました。
最初にそれを感じたのは4話ですね。
付き合い出した頃のエピソードの一節、良いです。

また、9話には娘さんの優しさ溢れるエピソードが……。
家族史の一面もある良いエピソードです。

・まとめ的な・
登場する人の人物像がやはり一番の魅力でしょうか。
奥様の信念に感心したり、共感したりしながら、
作者様のキャラや文章に「親しみ」を覚える。
そんな楽しみ方ができました。

作者様の文章には、読んでいるうちに読者に親しみを抱かせるような、単純な巧さでは書けない『引き込む力』を感じました。
作者様は「感じたこと」を文章の中にアウトプットする力があるんだと思います。
「愛嬌のある文章」といってもいいのかもしれません。
そのおかげもあって、読みやすいです。

読みながら、心の底から祝福したくなる夫婦像。
それを旦那様の目線から描いた、奥様史、あるいは家族史といえるエッセイになっていると思います。

★★★ Excellent!!!

夫の視点で奥さんの魅力をエピソード風に語るエッセイ短編集です。
奥さんがとにかく素敵なのは前作のモノクローム・サイダーと変わらず。
もちろんこのパステルから読んでも楽しめます。
どうすればお互いに幸せになれるかがたくさん詰まった、勉強にもなるお話が一杯です。

★★★ Excellent!!!

カクヨム一の愛妻家の著者が綴る、家族への愛情が溢れまくってるエッセイです。朝から読むとあまりの破壊力にしばらく家事も仕事も手に付かなくなるので、ご用心です。
読み進むにつれて、もしかしたらウチの旦那様もこんな気持ちで私のこと見てくれてたのかな、こんな風に映ってたのかな、なんて想いが膨れて来ました。 
いろんな意味で、パートナーの居る人、これからパートナーと幸せに笑顔で暮らしたいと思っているみなさんにおススメです。

★★★ Excellent!!!

先に答えを言ってしまうと「好きな人(家族、恋人、友人問わず)と一緒に居られる事」であろう!! 異論は認めない!!(ぇ
モノクローム・サイダーの続編にあたる今作であるが、正直な所一つ一つのエピソードとしては前作に比べて若干他愛のないものに感じるが、その他愛のなさ、すなわち「日常感」こそが鯨武家が今現在本当に「幸せ」である事の証だと強く感じる。
どうかこれからも家族四人(もっと増えるのかな?)いつまでもお幸せに!

…なお、連載途中でもあるにも関わらず感激のあまりフライングレビューを敢行してしまった痴れ者は私ですw
今後の内容によっては多少編集が入るかもですw