続・おめでとう、俺は美少女に進化した。

作者 和久井 透夏

どこまでも地雷原

  • ★★★ Excellent!!!

主人公もそれを取り巻く人々も懸命に生きていて、その懸命さがますます泥沼を呼んでいく様子が、じれったいけどやめられない。
もがけばもがくほど足をとられて引きずり込まれていく主人公にエールを送りつつ、その不幸に蜜の味を楽しんでしまう自分に、黒いものを感じる。
この終わりかたは反則だあ~!

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

如月芳美さんの他のおすすめレビュー 794